栗名月ー麗らかな日

麗らかな秋日の日曜。
『栗名月』という節句(?)だったようです

マロン色した薔薇が、ぽぽぽんっと咲いていて、和みました。つい、ぱしゃりました。

満月へ向けて
育ちゆくものは、幸福感であるように、と。育てゆくものは、
意識することで、ある程度なら、選別できる。

今は、古い、あらゆる後悔を押しのけて、もっと強い言葉ばかりを育てています。

私にとっての「誠実である意志」を、このまま、見失わずに歩けるように。

どうやら今週は仕事絡む/絡まないを問わず、色々な「旧友」と恩師に、
立て続けに再会できそうな気配もあります。
ありがたいお声がけと感じております。

今どうしているの。元気だったの?
そんな本当に

たわいのない事を、踏み込みすぎずに聞けることさえ

幸せだなと思います。
踏み込みすぎるよりは。節度ある距離を忘れずにいたいな。
それぞれの友人のカラー、空気感を、懐かしく思います。

「自分がほんとうに在りたいように在るための一週間」 

きっと素敵な週になるはず。
大切に過ごしたいものです。 皆様よき一週間を!

関連記事

  1. 夏を見渡す月曜日

  2. 7月の満月の日曜

  3. L’etoile(星)Letters-CDご感想…

  4. 蟹座の世界と、殻と水(わたしが考えるための散文)

  5. YesでもNoでも答えられない問いのことー桜

  6. 台風が、関東の方面を通っていると読んで。

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031