記憶の味ーエピソードのある味〜ポークチャップ

Gratine at Kobe(SideBySide)

Photo viewpoint:fromKobe

 

羽鳥は、どこかで食べたことのある味を、ある程度まで、ひらめきによって再現するという「ちょっとした特技」を

持っています。日頃そのことを意識することは、あまり、ないのだけれど

皆様にとって「思い出の味」って、何の、お料理ですか?

 

ということを、ふと思ったので、

わたしが忘れ去らないようBlog日記のかたすみに。

「あ、このカスタードクリームに、こういうオレンジの果肉を、煮たものを合わせて、

香りづけのお酒は、多分こういうものを使っていて、バニラビーンズも使ってる。

甘みはさらっとしたクセの少ない蜂蜜(アカシア?)」といったような、

味の記憶というものは、わたしの場合、「わかった!」瞬間に、メモを取るか/言葉で呟くか/言語化しておくと

 

意外に時間が過ぎた後でも、「あの味」という再現ができてしまう、という、少しだけ嬉しい「味覚再現」力があります。

インド人からカレーを教わった機会も一度だけだけれど

憶えてますもん…..(※分量は憶えていません。味の方を憶えています)

 

お料理や「食べること」に、もし興味がない方には楽しくないお話かもしれませんが

わたしにとって「美味しい!」と響いた時が「生きてるって幸せ」と瞬間的に

イコールで感じてしまうので、

美味しい出会いは「この味をもう一度作りたい出会い」だったりします。

 

(記憶のなかの神戸の名店
 パティスリーグレゴリーコレ(Patisserie Gregory Collet)の
「アプソリュ」(チョコレートのケーキ)も、

感動以外の味の要素を忘れてしまったからこそ、再び食べたい….!! ← 着眼点が自分でも/汗)

 

 

話が飛びますが、

 

今週ポークチャップを、サクッと自分のために作ったら、美味しかったよ!という、プチ記事です。

そして、この「ポークチャップ」というお料理を、

わたしの舌に教えてくれたのは、神戸ビストロSideBySideです。

 

このお店のオーナーが、羽鳥にとっての「斬新な味」と「懐かしい味」を授けてくれました。

(★斬新のほうは….はっきりした味のスペアリブ、と、たらの白子の天ぷら(ふわふわ)、と、「スルメイカ」×ワイン!)

 

だから、

SideBySideは、私にとって、音楽の場所であり、同時に、味の場所であります。

三宮駅から徒歩10分も、かかりませんし

第四金曜、お目にかかれますことをたのしみにしております!!

 

 

ビストロSideBySide

650-0004 神戸市中央区中山手通1丁目7-21 ホワイトキャッスルビル2F
078-391-6789

http://bistro-sidebyside.com
第四金曜:Pianoあり [19:30-21:30]
日祝:休業

Photo viewpoint:fromKobe

関連記事

  1. 幕間-Piano-ほどけてくる私の、長年の違和感。

  2. White ROOM

    春。春分の日ですね

  3. パエリア風

    秋分の日が近づいて

  4. 令和が始まりました-GWは花に華やぎをもらって。

  5. 羅針盤ー 混乱と要修行。

  6. アイスポテトパイはあなたと〜夜スイーツ特等席

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031