満月の日曜

満月の日曜,
魂の洗濯に遠出してきました

日射しでうるおう葉っぱたちと
木の肌が凛々しくて。
笛音も、鈴音も、ノイズを洗ってくれました

素晴らしい時間でした。

道案内してくれて
ありがとうです、親友。
互いに変わりつづけてゆく生活スタイルも
健やかに受け入れてゆけたらいいな

今までも。これからも。
どうぞよろしくお願い致します

月光という名前のお茶が
美味しかったです

光の手触り。

ひとつずつ。新しくなってゆけ。

—-
※ これは日記なのですが
読む方によっては詩にも読み取れるとご意見がありましたので
試験的に。Poesiaに分類しておきますね^^

関連記事

  1. 欠けた月の満ちる頃

  2. この七夕は”ラズベリーの空”でした

  3. ひとしずく、ひとしずくずつ。

  4. かたまった心が動くときーヒロイン像とヒーロー

  5. 濃紺の夜空に、銀色の星を信じて。

  6. 積む秋冬になりますように

2018年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031