青空と風を連れてくるCD[Paracca](Clarinet:鈴木氏)

2019年、羽鳥が、新たに購入したCDアルバムについて
軽くレビューさせて頂こう! という、この企画。

爽やかな風が吹くようなアルバムをジャケ買い。もとい
青空の写真に惹かれて、ライブ会場で買わせて頂きました。

CD「Paracca」

ギター、ウッドベース、クラリネット。という
風通し良きシンプルな3人編成で、
抜群のリバーブ感で収録されている、晴れた空のようなCDです。
クラリネットは鈴木 孝紀さん。彼のリーダーアルバムで、ジャケットの美しさに、つい立ち止まってしまいました。

羽鳥は”水分の多い鍵盤”が持ち味。
ですから”ドライを持ち味とするギター”には、
こういう音の世界もあるなあ!と
新鮮に、目を見開くような感じがするのです。

1曲目から、明るい!

聴いていると、 動きが軽快になります
エスペランサ(希望)というタイトルの楽曲が、羽鳥のイチオシです。
たっぷりと余裕があり、どこか優しい、鈴木氏のクラリネット世界を受け取れるCD

CDは購入しないと公言する方もいらっしゃるようですが、
羽鳥は、依然として。CD派です。
狙った曲以外と出会う「幅」を持つ、アルバムの形態に、慣れているからでしょうね。。

CDアルバムに良い思いしか、ないのは、
私10代、L’Arc〜en〜CielのCDアルバムに名曲が揃いすぎていて
1曲ずつバラして買うなど、想像もしたことがなかったからでは、、、ないかと思います、(本音)
いちばんヒットした1曲しか聴かない、というのは、
そのアーティストの不思議な持ち味を
受け取りきっていない感じがする。のです。。

たいていCDのアルバムって「いちばんの力作」と「カラオケ配信されない鮮やかな曲」が両方
入っていませんか。。。
通して出会うことで「え。この曲は意外…!!!」という驚きに、きっと、出会えます。
アーティストのワールドを回遊するには、1曲だけを、つまみ食いするより
ずっと意義深い感覚がする、と、いつも羽鳥は感じています。

↑ 語るなあ

もっとも、それだからといって自分自身が
全てオリジナル楽曲の「CDフルアルバム」を作ろうとすると、うんと!うーーー!ーーーーーーんと!凄絶に!大変ですが!!!(正直)

Blog番外編「2019年に買ってよかったCD」第一弾 でした!
このシリーズ、続きます(羽鳥はCDアイコウカ)

このCD「Paracca」は、鈴木孝紀さんの公式Websiteでダウンロード販売も
スタートなさっているようです。春を呼ぶような1曲目をぜひ!!!     (文責:羽鳥)

関連記事

  1. 5月の満月日。

  2. 10月24日M3onlineプレオープン

  3. 夏の庭。ZABADAKを慕う私は、U-fullさんのグッゲン…

  4. ZABADAK Tour 2019.06.09 at K…

  5. 11月の演奏動画…CoverSong【水のルネス…

  6. 【番外】【ご案内】音楽の5月-information

2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728