定期的に帰りたくなる場所・ルーツ

定期的に足を運びたい場所、その街にいるだけで嬉しくなる場所と

2度と足を向けるのがしんどくなる駅と。


どなたにも、「ここへ来ると帰ってきた感覚になる」場所と

「この界隈をちょっと避けたい、もしくは、なるべくなら下車したくない駅」そのどちらもあるのではないか と

時間の魔法で「下車したくない駅」もいつしかニュートラルな認識へと帰ってゆけるのですが

なぜか羽鳥には「神戸が帰る場所のひとつ」のようで、それは家族のルーツと結びついているからかどうかまでは

私では、わからないのですけれど(家族が育った街だから。というには、その記憶は私に直接は無いわけですし)

教会に12月は帰りたくなる。という、この感覚は、私の友だちの複数人も同じ感覚を持っているようです

妙に落ち着く、、、というのは確かに「ルーツ」であるのかも


それぞれ皆さまに「ここがホームグラウンド」もしくは「ここがホッとする街」があるように

羽鳥にはそれは永く神戸が「定期的に帰りたい場所」なんだろうと思います 

港町であり外国居留地があり

一軒家のケーキ店がたくさんあり かつてはパティスリ・イデミ・スギノがあり

あの「オルガン」というティールームは、もうないけれど。。

2022は、私にとってここが帰りたい場所!に、もっと友と行きたいとも思うし
友にとって「ここのレストランが特別」という場所に一緒に訪れてみたいとも思うし

スタインウェイの素直な音色にも「お帰りなさい」と言ってもらっている感触があり

ふっと心からニュートラルになれる「ピアノ席」という場所を

これからも大切にできればという想いは変わらないようです***

2021のうちにお目にかかりたいすべての人と直接再会できたとは

言える部分と、言い切れない部分とがあり
お目にかかれたことを望外に嬉しいと振り返りつつ

12月、再会がかなっていない方もいる為


12/25はどうやら「複数の配信ライブ」に申し込むことになりそうです
アーカイブ中に視聴できることがさりげなく助かりますよね…!

師走の大変なハンドリングの中にも 皆様に喜びに満ちた時間が多くありますように*** 

関連記事

  1. 快適な座席つれづれ。

  2. 2018Halloween(お菓子デザインに浮かれる)

  3. Tree-ornament

    フレンチシックで素晴らしいカフェに出会った土曜

  4. こどもの日に、こどもたちの笑顔と。

  5. 冬が始まり 穏やかな寒さ

  6. 今期バレンタイン(完結していますが)に、ハニーサックルローズ…

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031