安易に視聴してはいけない映画や舞台

人は、渦中にいるより

外部から訪れた時が一番「違和感」に気づけますね

部外者の立場から見た時が
一番、閉じられた空間の閉鎖ルールのおかしさに気づきやすいですね

ご理解いただけますでしょうか
外から訪れた時が、その日が、いちばん「ここの空間はおかしい」「ここのルールはおかしい」が
感覚で理解できるものです。

友人に「きっと見ない方がいいよ、観たら後悔する」と進言された舞台が
グロテスクという名前の響きの入っている「グロスマン」なのですが
(視聴しなくていいですよ/きっとサタン側の論理&倫理だけで出来ていて、荒唐無稽で。
 確かに私には楽しくはなかった….理解できる感情が出てこないのです。
 配布されても見ないほうが良いと思います。私が人間だからこそ、悪魔に共感できないのでしょう)
脚本が誰か? が 最大の問題ですね。子供を殺していいという発想の舞台。

翔んで埼玉2」も
ポスターだけの予備知識なら「観てみようかな?」と思えたのですが
多分テーマが「ディストピアと、日本をdisる力と、知恵の足りなさの提示」と
多分……、「悪魔にとってのサバト」と「悪魔にとっての日常習慣」と「人間いじめ」ですね

グロスマンという下地があると(2度と拝見する気のない舞台なので、感動した….と仰っていた1人が
人間なのに、なんて不思議な人、と思っているのですが)
<翔んで埼玉2>も、悪魔にとってのサバト、悪魔にとって楽しいこと、地獄というものを演じていること。

脚本が「地獄を演じるシーンがある」時点で
配役さんは脚本を見てお引き受けしない手段も、あったのではないか…..? と思っています。


ディストピア、と可憐に口ずさんでいるような歌も
そうではなく大阪弁で地獄を演じている映画であろうと(しかもカニバリズム多分ありますね?一瞬の違和感)

途中退席したのですが。

天国をdisっているのは同じなのですね

「天国の反対に♪」と可憐に言っていようが、
思いきりの大阪弁で地獄をずっと演じていようが(すっごい人混み感なのですけれど)

両者とも天国の記憶をdisり続けているのは同じことですね
つまりは積極的な破壊欲ですね


皆様気をつけましょう、、、、


(配布されても視聴しないほうが良いですよ!)

なお、
グロテスクな画像を皆様にお目にかけない方が良いので
小峰公子さんのツイート写真のBLOGは、非表示にしておきます。。

私、羽鳥あやが「現実で」小峰さんにあったことは
コンサートだけしか ないので

会った履歴の最後がチキンジョージ一般ライブ。

まさかその後でツイートで、グロテスク系の謎のお肉の写真を見つけることになるとは
思わずに、、、、、、。

一般発売
公演名   : ZABADAK 37th 神戸公演
会場名   : チキンジョージ
公演日時  : 2023/04/09(日)  17:30開場 18:30開演
席種・料金 : 自由席 \6,600×1枚[チケット料金]
座席    : 整理番号B 38 番

料金
  購入合計 : \6,820(消費税込み)
  内訳
   チケット料金 : \6,600
   システム利用料 : \220
   ※別途店頭発券手数料:\110をお支払いください。

関連記事

  1. 快晴、雲浮かぶ空の青

  2. 私が人生で出会った、人らしくない人物たち(?)

  3. 怒涛のように日々は流れ

  4. 今日も世のどこかで…たくらみは続く

  5. メモリアル曲やレクイエム曲. 3.11検索

  6. チョコレート箱のDesign

    クリスマス曲尽くしの22日を過ごしました

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829