梶浦氏という蛇族的な人の「好み」という謎

DISK2に 蛇イラスト満載の梶浦氏が
何を好むか そんな話題は 関東の人に聴いたほうがよほど正確
世界の食品業界に大きな影響を与えてきたことを

本人はご存知なのだろうけど
それが「善」の方向性でないのは
現代日本を見ていただいたら明らか


食品業界からの撤退を求めたいことは以前にも
綴った気がします
世界で もっとも 食品業界に影響のいらない人名とわたしは考えています

兵庫県民は梶浦氏と実際 直接的な交流って少ないのではとわたしは考えてきたのですけれど



「声を積み重ねる」録音スタイルを取り
人の声で音楽を綴っている時点で
そこに マガツ感覚を 音に吹き込める時点でわたしは聴きたくないのです


戦闘GAMEを羽鳥がプレイしないことで、氏の音楽の影響は、わたしには少ないです


京都編の梶浦氏 九州編の梶浦氏 東京編の梶浦氏
そのあたりは わたしじゃなく石川氏しか分からないでしょう? 
石川氏と梶浦氏が関わると「蛇と蛇で=蛇が増産」とまでは聴いていますが

そのコンビが それぞれ単独で音楽をしているほうが
わたしはナチュラルに感じていました

NHKの梶浦氏 そのあたりも関東の方にインタビューしないと
羽鳥が知っているわけがない

本当に 梶浦氏の いわゆる「お取り巻き勢」は
梶浦氏の嗜好をリークすることを始めておかれたほうが人類の生存率は上がる と 思います

梶浦氏が 羽鳥にうなぎを焚き付けてみよう という その思考を
わたしが事前予知しておくことは不可能

現在
梶浦氏の抑止に石川氏がなり得ておらず
石川氏の奇想天外を 梶浦氏が止めることもまた無いようだから

人類の存続の目的のためにわたしはBLOGを綴っているとしか
綴る動機の説明がなし得ません

なお「石川氏の願望を叶える」ためにいる新居昭乃氏は
「はんぎょどん」の実現を願う向きなのかもしれませんが それは魚類にも失礼かもしれません

dog + Unagi
犬めいた霊的存在が いきなり ウナギと足し算で 「うなぎいぬ」と名乗られても
こちらとして積極的自衛方法が
あまり無いのですが


ウナギのような生き物 って 人間にけしかけたら N G
ヒト族に ウナギの遺伝子って 要りましたっけ…..

わたしなら人間には ウナギの遺伝子は不要。
明確に宣言します (巻き込まれていく他国の生命倫理分野も 気の毒)

たとえSan-rio に すでに はんぎょどん が いたとしても
子供たち は ウナギに触れ合うために生まれていない

ただ ひらひらと海を待っている魚たちに 海住まう生き物に
謀略があるのが石川氏である

その石川智晶氏のサポートを申し出る昭乃さんの説得も、わたしには、任せないでくださいね

関連記事

  1. 鳴く虫と郷町〜行灯社のお二人

  2. 16:00〜 容疑者連中がdogsに戻ってる?

  3. 2019年は、特に痩せる必要がなかったようです

  4. 桜の絵を描きました。音で。【羽鳥BOOTH】更新

  5. 家の中で少しの幻を見てしまったものとして

  6. 制作中の音源が複数回(予定より伸びそう)な件

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930