寝起きに脳をかじられる(透明な鼻炎ではなくなる)

寝起き。
意識が覚醒する頃ですよね。

昨夜の37度はおさまっていくかな、という
あさになって

耳近くの脳に 違和感あるんですよね(ちょうど本当に耳の近く)

実体として近くに小峰公子氏がいなくても
小型撮影機のさらにミニチュア版として小峰氏は撮影隊になるのがよほど好きなんでしょう


私の脳を「かじる」ことができるのが
罪は三千年の小峰氏ですね <ライブtitle ”私の罪は三千年” >

そういう方に「敬意を持っていますか」と問われても「No」ですね

小峰氏が
他人の脳が好みなんでしょうけれど

この世にあらゆる食糧がまだあるのに 羽鳥からは酔狂に見えますね…….

関連記事

  1. こどもの日に、こどもたちの笑顔と。

  2. 今日が1.17なら、受洗後から21日目ほど

  3. 優良店ではなく不審な思いをしたお店

  4. ごく稀には、肩の荷を下ろして。

  5. その言葉に込められたものー謎解きのできないこと

  6. 春への曲。冬の曲。すこし騒々しい現在。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031