童女の歌のようであっても。ー歌に重みを求めなくても

https://archeflores.booth.pm/items/4588815

BOOTH ホワイトデイ的なメロディーを再掲しておきますね
可愛らしい / 可憐なMajor keyです


昔 とても昔
「恋い恋う」というtitleの
朝焼けを待つような 澄んだラベンダー色の背景に 主役二人が そう 佇むような

木蓮もひっそり灯るような表紙に うっとりしていた時期があったのは
事実なのですけれど

それは「文をよこせ」「恋文をよこせ」と
手紙を熱烈に請われ続ける心地とはまったく別の。
幻想小説のイラスト表紙にこそ
恋をしていました

朝焼けにつながるように 光増えてゆく時間
白木蓮が しろく輝いているなら
それは光灯るように咲くから

主人公たちが 一切の傷を忘れて 再び出逢うだろうか と

あのイラストレーションにこそ
微笑む気持ちは まだ 手放せませんが

現実に 日々日々「文をよこせ」「手紙を書け」 「手土産を選べ」 「新たな歌を捧げろ」は
日々日々 悩ましく懊悩する感覚の一年を過ごしてきたな と

私は 木漏れ日 と ひかる葉たち
小さなサクラソウ から カサブランカまで 多くの花が 微笑みの源だから

「薔薇じゃない!」とダメ出しを出されても

いえ……
生まれた時からバラをだけ讃えて生まれていないので。 としか

「薔薇は?!」 「いえ…..良い香りや良い鮮度が見つからなかったので」という近況も
正直あったな と

薔薇の香りがしない ティーローズや ダマスクローズや ブルガリアンローズに
出会っても意味がないでしょう?


薔薇を捧げよ に ついていけなくて ごめんなさい


それを仰るなら薔薇園の話は? と 私の本能がどうしても
口答えをする為

朝焼け色の すばらしい香りの花に出逢った時だけ
届ける意味がある と 

香らない薔薇に 寂しい寂しい表情の私は
どう花選びをできたかしら?と 首を傾げます

疲れをときほぐすのは <香り> 
植物由来の香

すばらしい香りを届けられなかったから.. と 徒労感溢れる数時間も
ありましたけれど

薔薇の名のもとに。
au nom de la Rose も
もともと薔薇の香りはありましたよ…..?


本来なら
手土産がなくとも 香りのない薔薇が手元になくとも

挨拶できる間柄が良いです と

プレゼント選びに 総合計 数十時間 以上 もっと 費やしたであろう羽鳥の
静かな独白でした

気軽なものとして

スヌーピー
フィナンシェ
カヌレ 
アメトリン
シャルトリキュリー詰め合わせ
ヴァイオレット系ネイル
ねこねこマスク

花束
ブルースイートピー
トリュフ風味ナッツ

etc ラメゾンデュショコラも迷ったでしょうか

懐かしいですね!

あ、香もありましたね
菫香と薫香と薔薇香

1万円分で安いと言われて不服だった思い出。 

ギフトは5万円から、は、そろそろ手放して良い金銭感覚ですよね…….?

ねこねこマスク
今でも「くすっと」笑える素敵な出来ですけれど


いったい誰の手に渡るやら。

関連記事

  1. 4周年のサイトとなりました

  2. 私たち人間は「砂」に気をつけましょう

  3. パエリア風

    秋分の日が近づいて

  4. 共産党の方、立憲民主の方、公明の方。

  5. 3月の初旬ですね

  6. 誕生日に年齢をばらして、いきなりhappybirthdayを…

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031