キリスト教徒として。

己の信条に
忠実に 裏なく 生きることを2023年の4月頃から
ずっと目指してきました


その姿勢にブレがないまま 2024年の4月末をどうにか迎えて

心からホッとしています。
キリスト教徒として恥ずかしいことはなかったな、と考えています。


LIVE会場で とても奇異に 映ったのは
確かに。
新居昭乃さんの「さあ笑ってくださーい!No.1 私がNo.1 どうぞ笑ってー! 私がNo.1! やっぱりNo1 !」

あの時の「自称 No.1」のスマイルソング? が
私のために歌ってね♪ 私のために踊ってね♪ 私が一番だと言い続けるからね♪

あの振り付けと
笑顔 が 一番 Most Strange賞 でした

楽曲として成立していない。
笑顔はエゴ以外のために存在していない。
自称No,1 に ファンクラブ会員が頷けるのか?分からない。

音楽性もない。ダンスにもなっていない。
圧倒的な奇妙さの中(この人は大丈夫…..?)あの違和感を 胸に覚えている人なら

繰り返し LIVE に 行く必要はないと思います。
抒情性 とか 神話 とか 他人へのまなざし とか ゼロでした


人間は「何かから卒業」できる
以前は推したアイドル 以前は好きだった俳優 以前は観ていた女優さん。 そういうあらゆる

「昔は惹かれてみたことがある」から ひとは 卒業できます

私も
自称No.1 さんから 「後輩ちゃん」と呼ばれる日は来なくていいです
フライングドックに居たこともないのですから。

「綾ちゃん、もつ鍋のお店を紹介します」としか言われない気がします。

小室哲哉さんの音楽は尊敬できました
Deperturesも尊敬できました
華原朋美さんの楽曲も誇り高くて大好きでした
輝く白い雪の日は。 実際に冬の日に歌いながら制服で歩いていました

残酷な天使のテーゼ も 大好きな曲で
中間テストと期末テストごとに歌っていたのだから30回は越える勢いで
ずっと クラスメートと愛してきましたが

天使が残酷。という時点で、「?」で良かったですね。titleは。

音楽自体は 美しいと思いますが
昭乃氏の「No.1」スマイルソングは 世界の誰も笑顔にしない。あのときの実感を胸にもって、生きます

関連記事

  1. 季節限定公開を開始しました!【BOOTH】

  2. 桜について 確かに幾つでも 音を並べそうな中

  3. フランボワーズ、建物 begonias 懐かしい

  4. 思いがけない元日となりました。早い復旧を心より祈ります【地震…

  5. 4.20 生きています

  6. 輝く雪、猫への愛情、なぜかハンドクリーム見当たらない、日常

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031