美味しくない国、日本。になった時、喜べるのは誰か問題(羽鳥は美食の国が良いです)

こんばんは。

羽鳥のBLOGを
海外の方、Over the Sea へ向けて 伝わるよう異言語に訳したい人たちが
いらっしゃるそうですが それはさておきまして

ぜひ日本語のままでも意味を取っていただけたなら
私としては、 とても…….嬉しいです! (私は翻訳機頼りで申し訳ありません)

私は和食だけで暮らせている?というと 「いいえ!」と
すぐに答えてしまいそうな気がするぐらい
バラエティを重んじていますが (洋食が基本、イタリアンも毎晩でしたし自宅でも)

ほとんど すべての外食が 「美味しくない国、ニッポン。」になった時
心から「嬉しい」と言えるのは何処の誰? という疑問を
そろそろ心に持っています

「ここのホットケーキも美味しくないね!」
「ここのコーヒーも薄いね!」
「ここのオレンジジュースって人工香料の香りだね」
「ここのトマトソースって、色味は正しいけれど、ガーリックの風味ゼロだね」


「ここのCAKEって、バニラの香りもしないんだね」


そんな未来が着実に。

近づいてきているように感じる、私、羽鳥あや ですが
そこまで もう外食が美味しくない、という事実を人類が哀しむ。だけではなく

日本人も 訪日勢も「美味しくないから食事しない」に偏っていくのは自明の理です

唐辛子の国の人たちも「ピラフは冷凍、カレーはレトルト、ソーダは着色料、パンケーキは膨らんでない、
ムースは味がしない。サンドイッチは甘辛しか残らなかった」 それって 誰が幸福なのかな? と 

そろそろ「誰も得をしない「美味しくない国」」が完成しつつあるのね、と
時折 冷静に感じています。

ずっと起きているのは
遺伝子改変を勝手にされるぐらいなら
日頃の考え事を Writtenしておくほうがまとも、という、それだけですけれど。

和食の繊細さを愛せていた韓国由来のかたが
毎日 唐辛子&チーズを everyday食べることになるの? という

マカロンも全て着色料で色が違うだけで
実際の材料に、本物のピスタチオ(ピスターシュ)入ってないな? みたいな

何を食べても本当の香りがないな? みたいな、

そういう日々に韓国の人が幸福を感じるのか? も 羽鳥には疑問です

まあ。。
本音を言えない日本人ばかりが量産されていることは
日常で感じないわけではないですので

「ディスカッション」好きの羽鳥は、確かに

日本に住みながら意見もない人々を眺めるつもりも
そろそろ薄れてきていますけれど(ため息)

韓国の方たちも……..
おいしくない国、ニッポン。 おしゃれでもない国ニッポンに
遊びに来たいのか 考えてみてくださいね

関連記事

  1. 若木未生先生の新作。書店では手に取ってみようかと思います

  2. 明日が楽しみです ー金曜のダイアリー

  3. 対妖魔戦 ー気づいたこと、無垢な四声は愛らしく

  4. 他人が作った文章「広くひろまれ」は偽り

  5. 感受性が強い人は読まないでください「夏色の永遠」

  6. ありがとう存じました

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031