雨が綺麗な日曜、犬を連れた麦わらの老人

こんばんは。猫党の羽鳥です

阪急電車の座席内で2日に1度は見かける「白い繭が散乱」の
床バージョン (床に眉が散らばり、転がってる)が小峰Koko氏由来と気づいて
すでに一ヶ月が経ったのだけれど

ついに阪急デパートの飲食物陳列棚にも少量
白い眉が見受けられて「小峰氏の嫌がらせ、ついに食品棚にまで」と呆然としました
食品を並べる場所に、白い繭ですよ?

お年寄りもお子様も、Komine氏によって
どれだけ健康性を困らされていることか

かさぶたが、たとえば蚊に噛まれて、かいたとき肌を
かさぶたの模様が「?!」昆虫っぽくなったら、Komine氏のせいですね

規模は何百人は超えたんじゃないかと思います。もう。30日間だから。累積で。
男子高校生のズボンにまでも、白い繭くっついていましたし?
どれだけ繭をくっつけたいのでしょう

ちなみに羽鳥のサンダルの中や
足の指にも白い繭がちらほら

ちなみに 本日 羽鳥宅の廊下にも
落ちています。小峰氏からの白い繭。今日も。。。。。

この「エンドレス白い繭」の30日間は
通勤族にもmどれほどのストレスだったんだろうと考えています

私は個人的に睡眠時に
もっと別のストレスに晒され続けているけれど

阪急電鉄さんは
バン級デパートで
取り扱っている食品の陳列棚から 白い繭 減れば良いのですけれど

もし白い眉が 散見されて 改善できない環境が続くようでしたならば
Komine氏を訴えてくださいね。地域住民からの切実な願いです 6月の終わりに。

なお、子犬の散歩に出ている
麦わらの老人は 宝塚エリアで見かけますが

他人が泣いていたら仏頂面というか
そのまま女性を放り捨ててゆくタイプというか
………..まだ笑顔以外のコマンドがないんでしょうね

なんだか笑顔で犬を連れています 

この「白い繭」の関西時代に(繭を 退治しなければならない時代に)
随分と物好きですね、、、、、

関連記事

  1. やぎから聴いた話

  2. キリスト教徒として。

  3. 存在証明。ーメインMac、壊れています。

  4. 心のかけら

  5. Qand A  その2

  6. 京都の日仏会館で授業を受けていた折

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031