10代のフランスの思い出がなぜ身近にあるのか


多感な10代とは言いますけれど
もう何十年も前に訪れたフランスの記憶が、なぜ私にとって身近なのか
あまり合理的には説明できなく思うのだけれど

理屈ではなく「近い」のです

私には身近なのです。遡らなければいけないはずの記憶が、引き出しが、すぐそこ。
フランス語と、フランスのエピスリやスーパーマーケットを賑わせるFoodたちと
数々のケーキやお惣菜が。なぜか、とても、身近に感じられるのです。
ふっと瞬きしたら目の前にありそうなほど。

ラデュレの、整った赤いケーキに感動せず。
アンジェリーナのモンブランも、世界観が変わるほどのショックはなかったけれど。
路地裏のイングリッシュ風のティーサロンで、とてもおおぶりの(手のひらより大きな)レモンタルトを頂いた記憶も

薄れることはなく。隣にいたお客様の様子まで覚えてる。

それよりLUのお菓子のほうが幼い心にキラキラと感じられたのは
予想をくつがえすクオリティがスーパーマーケットに山のように、あったからでしょう
スーパーにですよ、香ばしい、ふんわりとまろやかな、祝福された感じのお菓子が多かったことは
いつまでも いつまでも記憶に残っている

正直、クスクスの風味は朧げになっているし
ファラフェルも食感ぐらいの記憶になっている

クロワッサンダマンドに感動したり
グラースに、ただクオリティの高さに打たれて。
ベーニュは2日に一度はお買いあげしてしまうほどお気に入りになって。


それでも、石畳と木々の囁きとMetroの気配と
フランスのBusを明るく乗りこなしてゆく感覚が、どうして、いまだ私にこんなに近いのか


悩む為の時間でさえ、なくとも
フランスの感覚が、ごく身近なこと、ご容赦くださいね

関連記事

  1. ハロウィンだけれどおばけはいらない

  2. 4年目の目線 新月の直前に

  3. 良識ある人々に。

  4. 雨水は「清めの雨」で 合っています

  5. titleを見ていただいたら分かること

  6. 誕生日に年齢をばらして、いきなりhappybirthdayを…

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930