荘厳で、軽やかで。

8月6日。

祈りにふさわしい日ですね

とてもたくさん奏でて
聖歌を歌って jazz和声の新たな聖歌もSopranoを歌って。

金管や重厚な音や牧歌の音色を自由に混ぜてゆくオルガンの
パレット上のミックスを聴かせて頂いて
オルガンの足ペダルも操り

<祈り>に特化した1日を過ごさせて頂きました

心合わせる時間を確かに
持ち得たと思っております

カーテンから差し込む教会のやわらかな光が安堵をくれる時間です

ふっと膨らむカーテンから黄色の光が
いつも差していて
そこで聖書のお話を聴くことが何より安らぎます

声と。間合いと。
内側の想いをどこかに馳せさせる、イマジネーションを揺らすお話と。


日曜教会内でセルフィーを撮影していません為、最近のレッスンの自分を。



奏楽を聴いている最中に不思議な感覚を得ました

まだ1日の途中ですけれど、この日曜に感謝しております

関連記事

  1. 9月が始まりました。風邪微熱

  2. 美しい言葉は 憲法 そして

  3. 好き嫌い。という個人の自由

  4. 目線をまっすぐ前 あるいは手元 あるいは

  5. 木曜でしたね。ピアノの生徒さんレッスンがzoomでありました…

  6. 家族とは暮らせないけれど。つれづれ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031