鳴く虫と郷町〜行灯社のお二人


江戸時代から続いている「虫聴き」の習慣を
現在に伝える「鳴く虫と郷町」伊丹のまちから。

メイン会場の風情と、行灯社のお二人の写真をupさせて頂きますね
鳴く虫たちが籠の中で息づいて。
透明な音色を様々なダイナミクスで聴かせてくれます

虫の鳴く声の響きが、抑揚を持って
わたしたちを包むとき、繊細なハープの音色がより素敵に聞こえてきます

<メイン会場>

行灯社のお二人
アンノウンパーラーに昔、お伺いして以来かとも感じます…


この素晴らしいイベントがずっと続きますように。


羽鳥

関連記事

  1. キャンパスの明かりと冬の景色と一人旅

    地球がめざめてゆく音

  2. イースターを終えて、雨の土曜へ向かいながら。

  3. この世のすべてがいったん分からなくなる時

  4. 師匠が走るから師走と思っていた頃(※ただしくは本文にて)

  5. 夏の願い….今秋は、詩歌や俳句や和歌に遭遇したい…

  6. 静かな土曜。阪急蕎麦さん at 西宮北口

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930