輝く雪、猫への愛情、なぜかハンドクリーム見当たらない、日常

手荒れが激しいのは、エタノール消毒回数が多いから。
気に入った軽やかなハンドクリームが見当たらないのは不思議でならないけれど

2023年の秋以降に追いかけまわされている
私が女性であることは
女性だから追いかけまわされているのであって。

今更ジーンズも履けないけれど(持ってもいません)

ジーンズを履かないことを責められても理解できる日は来ないのです
個人の趣向というか性質というか……自分らしさの範囲内。


数日前に美しく雪が降った後の景色を見て
確かに雪は世界を清める、と 嬉しくなったのでした


そこから23日の「外部からの音楽がざわめくだけでも襲われることはある」という日常を体感し


扇動系の音楽を 揺らめく音など
稀に私が弾くことだけでなく 
23日のように ”耳から聴いただけでさえも” 襲われうるという事実を再確認


解決策、いまだ、手探りの、土曜。


関連記事

  1. 葛藤する主人公たちの物語

  2. 激しい雨と共に、許してはいけない言葉などについて

  3. 台湾の地震に、心から、お早い復活をお祈り申しあげます

  4. 12月の思い出と「あたらしい12月」

  5. 神獣であった、鹿への虐待が激しいようです

  6. 花粉に皆様、お気をつけて…

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031