雨の庭。グラナダ。蓮の花。ClaudeMonet

降雨
天から雨水
そして空中の水滴に 植物が喜ぶ天気に変わる

今日の雨水もまた 14階の一瞬の暗がりを撫でていったよう

Today’s Rain 

日本の「Himeru」が 確かに かわいいと感じながら
まだ挨拶に行けたことさえないまま

日本人の「娘」の私のこころの中 

蓮花は めずらしくなく 遠くなく
そうレアルとして 蓮花は浮かぶ つまり「目にするなら苦労せずとも見られる」
絶対に触れてはいけない花

静謐な水の面に 無数の水蓮

藍色の上に
深緑の上に 浮かぶ あのモネの睡蓮にオランジュリー美術館で囲まれる「以前から」

私の心の内側
真っ白い部分に蓮は咲いています

蓮の花に 「触れられないよう」 水のおもてに浮かんでいる

あの花は乱されないためにある

手で触れないために蓮花がある


たとえば
Debussyのピアノ曲を演奏する時 きっと誰もが それは分かっている


Debussyの所蔵書物は私は一冊も読んでいません
それが正しいこと
彼の読んでいた書物をわざと調べていません



Pagoda 雨の庭 いずれも演奏した私は
触れられない蓮を 見ています

関連記事

  1. 雨水は「清めの雨」で 合っています

  2. 夜桜の景色

  3. 【info】今週のビストロ演奏はございません

  4. 明けましておめでとうございます

  5. 猫を愛する女性の党

  6. 海へ 

    Nontitle 7月の水曜へ。日記に似た散文をひとつきり…

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930