1月5日 u-full(ウフル) 15th Anniversary Liveを聴いて

2020年 1月5日(Sun) 17:00-20:00
昨年に神戸の海 モザイクの希望の広場でお知り合いになった素敵なDuo U-full(ウフル)の15周年記念ライブを
大阪 umeda TRAD へ聴きに行ってきました

u-fullの音楽に、羽鳥は、デュオの音楽として出会いました。
Vocal/AccordionのYukaさんと、ギターのフナハシダイチさん。
アコースティックのDuoとしての印象が真っ先にあります。

あまりに繊細で、息のあった、お互いを聴ききる演奏をなさるお二人の演奏と
声と、歌詞に、すっかり魅せられて
そのコンビネーションのクオリティに感銘を受けまして

ほぼ2019年の夏以降、毎月、一度は聴きに伺っています。

そのu-fullが、ギターのフナハシさんが参入してからは2年ぐらいと知り、
元々の結成当初からは「15年」 記念のライブを、ハープや、コーラスや、ゲストを多彩に招いて
アニバーサリーライブをなさるとのことで、旧年中より楽しみにしておりました

3セット構成。

艶やか系の楽曲に固めた1ステージ、
ハープとヴォーカルだけの、つかの間の夢のようなコーナー、

派手な印象の音にも聞こえた1stからは一転、
東京からのゲストDularinnを迎えての、しみじみとアイリッシュカラーが沁みてくるような1ステージ、
そしてフルバンドの1ステージ。フルメンバーの音の力が全て重なり合った迫力を、
飲まれることなく、やすやすと簡単であるかのように歌う、Yukaさん。

新年早々に、圧倒的な音楽のシャワーを3時間。
喉風邪を治すための音のシャワーのように、浴びてきました。
華やかで、元気で、強いステージでした。

この記念の機会に、私の音楽演奏の相棒の都合がつかないことは
少しばかり悔しいことではありましたが
また機会があると前向きに捉えます

ご一緒してくださった方にも楽しんで頂けて嬉しい日でした

アコースティックユニットu-fullの、本来の二人のステージには
2020年これからも出逢える機会がたくさんあることと思っています

この一夜限りの豪華メンバーフルなライブを楽しんだDiaryに書くのも、なんですが、
次なるライブを楽しみにさせていただきたい気持ちでおります。

音楽は生き物だから。

繊細に音を構築なさるu-fullの音楽を、
今年もたくさん聴いてゆきたい羽鳥でした。

簡単ではありますが、2020年の初ライブレポートでした

関連記事

  1. Teatime cookie

    今年もハロウィンの10月ですね

  2. 水瓶座の満月だそうです

  3. 明けましておめでとうございます!

  4. 生存報告(恒例)ようやく戻り梅雨が明けて

  5. 【info】7月23日のサイドバイサイド演奏なし

  6. イルミネーションの季節に

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031