満月を迎えて


6月の射手座の満月を迎えましたね


というBlogを書こうとまでは決めていたのですが
満月当日に心が整う感じがする方って実際どれぐらいいらっしゃるのか…
満ちる月の時


そんなにあっさりと心が整理できるものだろうかと
私はいつも「水が溢れるような感じ」「増えてきたものは満タンになるような時期」という石井ゆかりさんの
比喩のほうが心情的には当てはまってしまう為

満月時期は、次々に何かを求める(たとえば入手することを欲張る)というより

そこまでのターンの「振り返り」に適していると書かれたほうがどこか
ほっとします

自然、満月へ向かって、増えてきたものがいつもあると思っています

思いがけないものも
増えたものを認識することをせずにいると落ち着かなくて

新月にダッシュして
満月には良い意味でも増えてきたものたちを振り返る
そして不要だけは手放しておく。

よく描かれるそんな言葉に
少しだけ皆様の心も軽くなればいいな と 思っています

増えてきたものたち すら
決して苦手ではない私

この六月は群生する 勢いある紫陽花に出会いづらく…不思議なほど
見かけないまま来ていて
ようやく見つけた,こぶりの紫陽花(手毬花)

この一枚もどこかしら 風情は
どことなくアジアの花ですね


*8月はグッゲンハイム邸のピアノへお邪魔しそうです
**7月はSidebySide20周年祝いと店主バースデーを兼ねた金曜あり


***6月はビストロ ピアノが1回休みの水無月です**


その他は、また綴らせていただきますね



関連記事

  1. 定期的に帰りたくなる場所・ルーツ

  2. 葛藤する主人公たちの物語

  3. 4年目の目線 新月の直前に

  4. 第四金曜のビストロ演奏が4月はございます

  5. 誕生月に

  6. 本年もよろしくお願い申しあげます

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930