1月最終日。

まだ桜の開花も遠すぎます、真冬の一地点。
心の素直さのままに任せれば

「顔」って 勝手に変わるものですね

心を出せない場所では猫をかぶっているしかないものですけれど。
つまり心動かない限り、私の表情は変わらずにいるのだけれど。


一月ね、
ほんとうに何度も、友も含めて、多くの方の表情が変わるところを

見ました。


その表情の意味は何ですか、と。いきなり何を書き出す?と思われるかもしれませんけれども

そんな表情をしなくても?と、惑う私の気持ちと裏腹に

私自身も心のあり様によって
表情は変わるものですね。心に何を瞬間に思ったか、によって。


いくつかの心のあり用のままに

instagramを更新しています。

後日 そのinstaから「今を」拾って

こちらに置かせて頂きます

皆様は自分の顔を好きになれる、空間で。

くつろいだ自分の表情もどうか好きであってくださいね。
それにしても一月の降雪騒ぎは本当に、雪深くて大変でしたね。

皆様も、背中や肩、腕のコンディションを大切になさってくださいね!

Around L’etoile
積りたての雪も、あられも、氷柱も「非日常」の色でした

1/31 夜 つい<Fantasie>と書いたのは

プレゼントBoxに何が潜んでいるか分からない期待があるから。

透明感のある赤色に
目を惹かれた一月でした

私は纏わない色。

自分に似ない色ほど
はっと手を止めて近づいてしまう。けれど考えてみれば2018このサイトの開始には

私は赤色を纏っていたのでした

赤色も
淡緑も
素敵なオレンジにも
黒にも
ペールブルーにも


ここから何色にも着替えられる様に。

ニュートラルな白で2月1日を迎えますね   2/1 4:10 AM hatori


+*+追記+*+

海亀が綺麗な海を泳ぐ写真とともに
アップしていた「poesia」ですが

わたしの綴った文章の一部に対する「曲解があった」様に感じております。


人の心は「削ってはなりません」が正です


いかなる理由がそこにあろうと
人の魂を「研いではならない」ゆえに、私のpoesiaのひとつは非公開とさせて頂きます。


ご愛読くださいました方々には心より、ありがとう存じます

関連記事

  1. 10月ありがとうございました

  2. この世のすべてがいったん分からなくなる時

  3. 10代のフランスの思い出がなぜ身近にあるのか

  4. 5月、牡牛座の新月

  5. 明けましておめでとうございます!

  6. 近隣の街 伊丹と和菓子に出会いながら。

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031