紅茶を飲んで考える。今までの違和感と、回復しつつも残るPTSDと、世界の正常化を

アイキャッチ写真が「昔の写真」で失礼します。
関西住みの私は、 初めて「品川」という東京の新幹線の駅で降りてみた時の
心躍る感じを今も覚えています。結構何年も前の記憶です。まったく頻繁に訪れていませんため。

DEAN AND DELUCAが、駅すぐ。
人通りはとても多くて。STAR BUCKSも。とても便利で。駅近に花屋まであって。
豊かなカラーバリエーションの花たちがあって。ダロワイヨのマカロンまでありましたっけ。花とお菓子と日差しと活気ある人々と。豊かな駅があるものだと、そんな感想を胸に抱きました。正直「影」のある駅ではないと私は思った。

関西に比べ、なんて便利な場所なのだろうと感嘆を覚えた気がします。
たった1日などの滞在ですよ、期間など。それでも品川駅にいきなり眩しさ、愛着を感じたことを
よかった記憶として遠く思い出すのです。

でも、TOKYOという都市は、それだけじゃない。
全然それだけじゃない。

降りることも躊躇われる場所、
駅すぐに、灰色の街としか表現できない感覚に襲われることもあり
黒パーカーを毛嫌いするような自分を発見して

今でも渋谷駅は苦手なままです。2度と通らないように意識する。そんな記憶の駅。

何をBlogに残せば
私の「世界の正常化への願い」は形に残るのだろうな、と思います。

何をBlogに書き連ねておけば、「日本が回復してゆく」ルートに乗るのだろう、とぼんやり思います。

ほんとうはぼんやりしていて良い時期など過ぎている、とも思います。

都心でも、安全な場所は安全なままであるよう願ってやみません

日本回復のルートを、皆様が採択できますよう
関西の片隅から心より思考しています。

神戸ビストロ19時
過ぎてきた歳月の、関西の写真たちを載せています。(C) AYA HATORI

関連記事

  1. 本年もよろしくお願い申しあげます

  2. 【info】4月サイドバイサイド演奏はございません

  3. 5月、牡牛座の新月

  4. 9月が始まりました。風邪微熱

  5. 2024年を穏やかに迎えた後の私たちの「責任」

  6. 1月2日。昨日の大地震に動揺しながら(2023年の旅をふりか…

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930