2月の音 真冬の音


去年の冬 神戸収録したピアノソロがあります
とても寒い日でした
コンディションも So goodではなく かといって悲壮感でもなく

硝子の箱に入れるピアノ
箱の中で そよぐ鳥

ピアノを弾くということは結局
そこから 無限の彩色を行うことで合っています

男性ピアニストならパーカッシヴに弾きますけれどね

叩くことではない
撫でることではない
まして切ることではない。誰かを抉る音は耳に耐えない

怒りをぶつける境地を越えてほしいのが 願い

祈ること 繋ぐこと そして あるいは 
複数の誰かへの静かな手紙代わりです

ひとりになること
邪念をゼロにすること

羽鳥の特技が<祈り>
<そして繋ぐこと>

時に繋がり合わなくてもいい 誰かと誰かを サインで引き合わせていた
想念上では 無邪気に バトンを繋いでしまっていたこと

近年は「そちらとそちらは、お願いだから繋がり合わないで…..!いっしょくたにならないで!」と祈りたい事例ばかり
1日ずつ積まれてゆくけれど

すべてが混ざることが
カオスを生むと気づいてほしい

透明を翳らせてゆくものは 強烈に他を自分へ混ぜてゆきたいエゴに 巻き込まれてゆく街のこと

孤独の価値を
軽んじないで頂きたいと思う 冬  

梶浦劇場の言葉は すべて匂いで分かる
石川由来のサンリオも ニャカロンも バンクシーも エドワードゴーリーも匂いで分かる

東京色が 西へ混ざり込めば
西古来の色は消えてゆくでしょう

私にとっては梶浦劇場は暗黒色に近い
梶浦毒の検索で 角川書店が出てくると思いませんでした


そのことを憂いてならない冬

関連記事

  1. 覗き魔は男性 だからといって全ての男性が反知性派ではない

  2. 京都の日仏会館で授業を受けていた折

  3. 怒涛のように日々は流れ

  4. 自分がアライグマに似るとは思いませんでしたけれど……

  5. 6月の最終日。

  6. 皆様の音楽にご多幸ありますよう

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829