人類は「自分」という個の保存や相手への提供以外の目的へと、推移できるか

自分の家族のDNA情報が

恋愛もない他者へ 強制的に提供されるような時代は

情緒の全ての欠落と紙一重です


ひとは人と出逢い 友情を紡ぎます
感情は相手ありきで生まれ

自己愛しかないものは 他者を魂として認識できていません

羽鳥が「水蓮」について書き綴ったばかりの日ではありますが
石川氏からのDNAミックスを検知していいる為
追記します


石川FAMILY の 他者の魂ごとを 不許可で 我が家へ投げ込む癖の その先に
ほんとうに私の身体へのDNA追加が起きうるとは考えていませんでした

自己の輪廻転生にしか興味を持ち得ないレベルの
人間が多いことを

”自分”以外の どれだけの光に包まれてこの世に生まれてきたかを

”自分”以外の 何に囲まれて 生育しているかを。


私の「魂」に対して
無理に「自分のDNAこそ優秀」と勘違いしている魂が いくつか


無理に 魂に自分の「個別情報」を送り込んでしまったところがあるようです、4/9付かな


男性は「自分の生存情報」が他者に書き込まれない限り
女性を愛しても無駄だと考える生き物ですか?


それはね
「個」の複製をだけ願うためにあなたは生まれてきたの? という話


あなたの「情報」だけ他人にねじ込んでおけば
生まれてきた意味があったと思い込めるの?


それは 「自分の情報は素晴らしい」 という 思い込みに成り立つもの


それは「個の情報」を誰かが残してくれないなら
全てを破壊してやろうという浅はかな思考に走りやすい存在たち への 疑問


そこまでの 自己愛の塊 こそを 私は許さないです


「この自分のすばらしい情報」を相手が残してくれない限りにおいては 
生まれた意味はない と  思い込める男性すべてを  私は許さないです


一生涯の中で「僕の子供を産んでほしい」を私が何度 聴いたか そしてスルーしたか


直球で言われ、直球で断ったことはあります
女性には<拒否権>があります
拒否し続ける人生を私は肯定しています。生まれたものは自分の命を輝かせて構いませんが


自己の保存 を 人生の目的とすることを浅ましいと思う
ゆえに私は 羽鳥あやの遺伝子保存を求めません

なおより強い力で 自分を優秀と勘違いしている「遺伝子保存を望む勢」を軽蔑します


強制MIX勢 を 私は生涯 許し得ないこと。 ご了承ください


恋愛のない場所に「強制MIX」はあり得ません


世界に生まれいでた意味を
世界を善くするために。 と 発想・定義できない勢は
それでも 自分の遺伝子は 世に生まれた意味があると言い張る延長に


この世界において  自己愛(自己情報の保存)以外に  この地球で何かを学び得たなら
他者を穢してさえいなければ転生も叶うでしょう


生まれた意味を
種の保存という その次元を 今の地球のコンディションに間に合っていないと私は捉えます

掛け合わせにも永遠に反対します
理由はありますので、後日

関連記事

  1. 鳴る電話になればよいですね

  2. 対妖魔戦 ー気づいたこと、無垢な四声は愛らしく

  3. 火曜の顛末

  4. 私が人生で出会った、人らしくない人物たち(?)

  5. 真実はひとつというけれど。

  6. 少し心に奇妙に引っかかる日付に。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930