人体>>>>>>>昆虫


人類生存への希望をかけて。
このBLOGをつづっている感覚があります

誤って
昆虫が口の中に飛び込んできたことがある人
きっといますよね

それで「?!」って感じたことがある人
春頃など わりといらっしゃいますよね

私の人生の中で
テラスのテーブルに1匹のてんとう虫を見たことは
ありましたけれど(本物の)
もちろん私に向かってくることは無かったので

テラスから、外へ飛び立つ。
その昆虫に私は「さよなら」ぐらいしか言わないけれど


(つまり誰にも操られている状態の昆虫じゃ無かったのでしょう?羽鳥へ向かってこないのだから)


人体に飛びかかってくる昆虫(誰かの人為)は
全部 退治してゆくしかありません


それが爪先へのアタックであろうと
それが口元へのアタックであろうと


私は
人体に攻撃してくる= すべて排除 という姿勢を貫きます

関連記事

  1. 京都の日仏会館で授業を受けていた折

  2. 優良店ではなく不審な思いをしたお店

  3. 2020 撮影会の樹木

  4. 対 ねずみ  つまりは VS 鼠

  5. 第四金曜のビストロ演奏が4月はございます

  6. 見かけの虚飾が美しく見えない時代に

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930