羽鳥あや profile

好き より 嫌い(嫌悪)から書かなければならない
2024年春 が

なかなか寂しいな。
寂しい日本だな。と思いますけれど


逆瀬川をあそこまで閑散とさせた
理由 誰かに聴いてみたいですよね…….?


「ラポルタ」さん 「エルベッタ」さん
「ミュゲ」さん   好きでした


羽鳥あや age: 42 (世に何の文章を残そうか?ですね)
好み:フルーツジュース ギモーブ パンオショコラ Beigne 
   生ハム(ハモンセラーノ)のサンド
   いちじくジャム レーズン(Raisin) カシューナッツと鶏肉の炒め物 ナツメグとカボチャ

苦手
   他人の意見で、ころころ意見が変わってゆく人
   他人の顔色を窺って 自分の信念を簡単に曲げる人
   金銭を受け取ったら ご自身の主張とそもそもの好みを全部 曲げてゆくひと(一般の人、警察周りの人)


羽鳥:自分の信念が曲がらないため、母とは永遠に 会話すれば喧嘩している感じ


嫌悪: 昆虫。角ばっているもの。煙草。ウミウシ。他人の想いを汲んで「あ、この人は和牛嫌いだ」と気付けないひと

第一
Kaji氏(昆虫好き)が「和牛、和牛、羽鳥へ貢ぐなら和牛。良い牛肉を送っておければ」と半年ほど
テレパスで言い続けた為
私がBeefが苦手になっていっただけなのでしょう


Kaji氏が 和牛和牛と、肉さえ羽鳥へ貢げば、と
いらないプレゼント押し付け型の性格でなかったなら。


羽鳥でも「オージービーフ」を ウェルダンで食べた記憶
10代にありますよ^^  癖がなくて食べやすいね と 父が申しておりました
家庭の団欒に「オーストラリアのBeefなんだって」と父と母が
お試しという感覚で 食卓へのぼっていたことがあります


神戸牛の専門店には
30歳 31歳頃に 少しだけ立ち寄っていますね。確かに……。
「専門店でBeef食べない?」と 提案されたからですよね


ですから 生まれてから一度も
Beefを食べなかった人ではなかったけれど(羽鳥がね。父が勧めるのでね)


宗教上の理由で食べなくなっても構わないな と 思っていたりはするのです


そして 異物混入に 異様に執着があるのは
Kaji氏と 小峰氏ですよ


………羽鳥になりすましているmailとか ありましたら嫌ですね。。。


今日 初めて 気づきました
食品への異物混入という 工場であれば 全回収してお詫びを出す そういうことを

小峰氏と 梶浦氏が 願い続けるその理由
地球レベルに発言力がある上記お二人。

50億の女性の涙 など
繋がって行きそうな二人ですのでね

たぶん  女性への性的関心からですね (呆れ)
女性の嫌がる顔が見たい族の ”小峰氏 と 梶浦氏” 
男性から嫌悪されても普通ですのにね?

究極的には
男性からは「食卓と、我が妻へのカタキ」で相違ないと思います
最近弁護士の男性などとお会いした見た時の感覚を思いおこすと

近年の日本の
食卓レベルの著しい低下 それが 梶浦氏政権によるもの と お気づきでらっしゃらないのかもしれないなと感じる。

マーガリン推進も梶浦氏
野菜の質の劣化も梶浦氏提案
繊細な風味とおしゃれ狩り、それも 梶浦氏が推進して 街の鞄屋さんも悲壮なデザイン

”おしゃれだから嫌 by 梶浦由記 ”  →   ” 街の食品よ、ダサくあれ by 梶浦由記”

こうして宝塚の街も、ゆるやかに、ダサさに染まっていっている4月

個人の目利きのお店が たくさんあるのが フランスだとしたら

やっぱり梶浦氏は 軽やか+美しい を 保護が難しいのなら
究極的には「フランスの 個人店のプライド、そしておしゃれを憎んでいる」と言い換えられるでしょう

どこかの国のキリスト教徒が
私財で 梶浦氏もしくは小峰氏を 討伐してくださったら嬉しいです

そうすれば「良くないデザイン」に染め尽くされた街が
本来の良い趣味(若者由来)に戻ってゆくでしょう

関連記事

  1. 世界にあるものが苦手になってしまった時。

  2. 夜桜の景色

  3. 父は平和主義者、きわめて温厚でした。

  4. 発禁希望 一覧

  5. ハロウィン前夜BOOTH

  6. 鳥たちー昔のSpanish 今のSpanish

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930