なるべくなら他人の悪口を言いたくない

こんにちは。羽鳥です

ご心配をおかけして大変申し訳ございません
本日は救急病院のお世話になるつもりはございません

左頭の頭皮から、傷口….?のような異臭も
少しありますが 

ひとまず救急車のお世話にならないよう慎重に、、、生きたいと、、

今は「葉鳥」と名乗っても構いません
どれほど体調的に困った時間帯でも…
皮膚炎が強めの日でも…

他人の、他業種の、悪口をあまり言いたくないのは本当のことです
どうも他人を貶しているうちにアトピーがひどくなりそうな気がします

他人の何度となく 幾度となく 何百回となく繰り返す 嫌がらせも
同じ頻度

葉の鳥 としても Leafのような若葉の色彩感であったとしても
でも小さな虫を産みつけられたくもありません

「虫」の攻撃的な性格に 服に シュッ!と何かが飛んできたりして
驚愕します 攻撃目的の虫って…イズミに出てきたような


葉のグリーンも大好きだったから
「あの子は大輪の花みたいな人じゃなく、葉のような風情をしている」

その比喩までは大丈夫なんです
welcomeなんです 

でも、実際に小さな虫を生まれると困ります
生き物として 最大級に困って……….躊躇いながら殺虫剤を自宅に撒いたりしています

虫を「減らす」秘技、虫が「減ってゆく」秘儀を
ご存知の方がいらっしゃいましたら
どうか教えてくださいね

増やそうとする人の意志に
炙られ続けながら日々を どうにか 生きています

手ゆびのアトピーが急激にひどくなるのも誰かの意志
その傷跡から 何か異物が侵入しそうになったり
小さな傷から「え、小さな小さな粒状の….?!」と 混乱したり でも、それもね

異物を入れよう と考える思考の外部人間がいなければ

これほどカオスな状況にはならないのです…..

関連記事

  1. この秋に。This Autumn,

  2. CD【CLASSIC SPRING】全国発売日ティータイムの…

  3. その言葉に込められたものー謎解きのできないこと

  4. 日差しはたくさん浴びて。対「白胡麻」day2

  5. イースターを終えて、雨の土曜へ向かいながら。

  6. 2019年の12月になりました

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031