食品の安全を求めて3か月目

4月 5月
食品の安全が「守られていない」と 羽鳥が勘づいたお店が

ワンカルビ
オアゾ(カタカナがポイント=フランス語じゃない)
Harbs 西宮店 drink

この辺りで体内組成が
一挙に崩れまして (実話)

皮膚を快適に保つ免疫が壊れていきまして(実話)

その後に さらに驚いたのが

ミスタードーナツの「チャーハン」(半透明の昆虫入り)
おこわ専門店の「枝豆おこわ」(半透明の昆虫入り)

この辺りから涙目になってきまして。

ロッテリアの「バンズ」にも あるはずのない黒胡椒に「飲食不可」と気づいて
ひとくちも食べられず返品


このところ「食べられません。返品!」が 増え続けています


その中でも 気品溢れるブランドであったはずの
ピエールマルコリーニ が 安全ではない食品へ変更されていた(at 大阪)それが一番

富裕層には哀しい出来事かもしれませんね


石川智晶氏が「昆虫の女王」で
どこまで 永久に 昆虫に執着があるか を 日本人は見くびっていたんでしょう。

小峰氏も 昆虫愛着生で 人類<昆虫 ですし(呆)


それらを踏まえて

左翼の方々は 今からでも人類の健康を守れるよう  体制変革に努めてくださいね

関連記事

  1. 閑話休題。

  2. この四月の ここから芽吹いてゆく花を待つ

  3. 噂というものを信じないでいられる人たち

  4. 自分がアライグマに似るとは思いませんでしたけれど……

  5. 他人が作った文章「広くひろまれ」は偽り

  6. 無心に輝きを求めて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031