ciel  精霊界のほうから綴っても微妙

キリスト教徒として
どんな歌を描きたい? という命題が
2023年の夏頃から 確かに うっすらあったのですが

聖書は聖書として

背景音楽を求めているように感じずにおりました

やっぱり 精霊界のほうに本来は
近かった私は 
もう少しニュートラルに fairyが 小さく飛んでいるような

ささやかで透明感あふれる曲を
もう少し描きたかった と 感じます

5月のエメラルド 若葉色の艶やかさ が 保持され 伸びやかにすくすく
育ちますように…..

どんな王冠の中央に
配置されていた 発掘される緑石より


五月の緑が ほんとうはいちばん 輝く季節のはず

関連記事

  1. かぼちゃ 7日に頂きました

  2. 物事の意味を深く捉えはじめると立ち止まりそうになることもある…

  3. 今秋の風景 <半日の旅と「日常」>

  4. 今日も世のどこかで…たくらみは続く

  5. 動物を愛せない人は人間も虐待するという話

  6. 4月29日 抗原検査:陰性

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031