8月の食卓ーアイス+αで奮闘中

8月が終盤戦になってきました。
終盤戦という言葉を使うかどうか、でも、迷って。

だって敵はいないので。
いないのです。苦手はありません。

敵対するものはなく、
…頭痛に、どう折り合いをつけるか、という戦い、ぐらいの意味なのです
立ちくらみが癖になりかけているのは(The熱中症の入り口が扉を開けているのです;その扉は開かなくていいやつです!)

「8月を乗り切ったら」が、自分の中で合言葉になっていて。

乗り切りたいです。。

今月はゴーヤと豚肉の炒め物がとても美味しかった。

そして「そうめんチャンプル」と
「青紫蘇の炒めそうめん」が夏のマイブームで

こう、ゴーヤの苦味を、
中華味の炒めたそうめんがふんわり包んでくれるというか、、、
そうめんって味を吸着しますよね。ポテンシャルが高い。

レシピとして複雑なものを、書く余裕がないので、
ざっくり、ひとつ。

「ツナそうめん 青紫蘇風味」(あたたかいお皿です)

1。そうめんを茹でます。
この時、鶏ガラのスープ(粒状/スティックタイプ)を加えたお湯で茹でることで、下味がすでにつきます。
茹でる際、ごま油をたらしておいたりなんかすると、
香りの良い、モチっとしたおそうめんになります。(塩味は強いから、塩は入れないで)

そうめんがすでに、ほわっと中華味に寄ってしまうわけです。

2。さきほど茹だったそうめんを「ツナと青じそ風味」に合えてゆきます。
ツナとおそうめんの組み合わせが好き。

フライパンで、ツナの油を使って、
ツナ油で、おそうめんを、ツナと和えます。チューブになっている青紫蘇をほんのすこーーーーーし(1cm以内?!)
加えて、ツナ味と、青紫蘇の香りを、そうめんにまとわせます。テーブルコショーも使っても良しです

3。そうめんが熱いうち召し上がってください♪

冷めてしまうと、ツナ風味のだんご?!に近づいてしまうので
熱々のうちに。ツナを楽しむ感じで。どうぞ♪
青紫蘇はきつい味なので(チューブ製品はどれもキツイ、、)入れすぎないで、そおっと、様子見っぽく。

我が家では「史上最速?昼メニュー」のひとつ。
シェアさせて頂きたかったのは、そうめんの食べ方がいまいちピンと来ないという
ツイートを読んだからです。

そうめんはビーフンの代わり的な位置付けにもおさまってくれますし
フォー的なアジアスープに入れても美味しいらしいので
意外に良いやつなのです。

他にも<最速系>ありますけれども、 もし秋になってこれぞ!というものがあればご紹介いたします

月曜からのカレンダーを眺めつつ「、、、ファイト(頭痛がネック)」と呟く真夜中の鳩でした
マスクで頭痛が来ているという説もありますね、

もうちょっとクーラーを浴びて、眠ります!

関連記事

  1. 4月14日神戸LIVE:ありがとうございました!! Smil…

  2. 9月になりました

  3. 6月になり、この空間が一周年を迎えました

  4. 羅針盤ー 混乱と要修行。

  5. 12月の思い出と「あたらしい12月」

  6. 皆様の「6月にテンションが上がるアイテム」は何でしょう

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31