色彩

 

2018年末、

見たい色は明け方の薄紅色の空。

 

<七色>

 

「わたしから見れば、わたしは、透明」

「あちらから見れば、羽鳥が、黒(?)」

「わたしから見れば、わたしの左端の方に、イメージとして実在の別の人物、黒系」

「誰かから見れば、わたしはグリーンに見えているかもしれない」

「このサイトのテーマカラーは、無意識に、薄ピンク(羽鳥のニュートラル)」

「わたしから見れば、遠くの方に白い光と薄い橙と紅(明け方)」

「あちらから見れば、羽鳥が、紅色を持っている(ように見えているのか)」

 

 

こう、日々、変化してやまない感情を

どうやって一つの作品に落とし込むのか、悩まれてなりません。

なお、これ以上、頭の中の情景を増やさぬよう、

新しい活字は読まないようにしています。

ただでさえ、目の前の光から

七色を感じることができるのに

他の誰かから贈られた色たち(Book)まで考え出したら

「自分自身に誠実に」が揺らされてしまいます。

 

 

 

今年、視界から入ってくる光の認識度が

上がったことで、自由度が増えたぶん

それが、絵の具として、

えがく際の色彩の豊かさに繋がるはずなのです。

美しい色を描く。それは音楽を続けてきたものにとって

もう、きっと、必須の課題なのでしょう。

 

2019年 明け方の空を美しく仰ぎみたいです

関連記事

  1. 桜の絵を描きました。音で。【羽鳥BOOTH】更新

  2. 快適な座席つれづれ。

  3. 2月、スイーツあざやかな週2022

  4. 海の近くへ。暑中お見舞い申し上げます II

  5. NewMoonFeb

    3月はBOOTH更新をいたしますね

  6. 春ですね。もうすぐ春が来るのですが

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31