残暑お見舞い申し上げます.

こんばんは、羽鳥です。

8月の立秋を迎え、では秋の虫の鳴き声がそろそろ聞こえるといいな!と本気で思いましたが

皆様、夏ばてていらっしゃいませんか。

日によって季節によって、人によって「これなら元気が出そう」と思える飲料やフードも

見事にバラバラですよね。個人の体質による。のさいたるものかと

私は今年は「アーモンドミルク」が体質に合っている感覚が強くて

もう一体どれほどリピートているかわかりません、、、

お気に入りは「3種のナッツ」のアーモンドミルクです。

甘すぎず。。するっと頂いています。

くるみとヘーゼルナッツの風味が理解できているか自信はないのですが元気になります。

こってりしたものが食べられる気がしない女子・女史の皆様、

なぜか唐揚げを食べる気になれない夏バテかも党の(?)男性の皆様、

よかったら皆様おためしください。

もちろん…….

アーモンドミルクを推すために筆を取ったのではなく

暑中見舞い(ニア残暑見舞い)が書きたかったのです。

猛暑を乗り切るには、体の声をきっと聴かないと対処できない。

羽鳥の場合はアーモンドミルクと野菜ジュース、という今年の感じですが

皆様にとってのパワーフード(できるだけ自然派)みつけてくださいね。

昔「ポカリさえ飲んでいれば熱中症にならない!はず!」という言い聞かせを

自分に行っていた私、結論からいってしまえば、ポカリが糖分が多すぎたというか

回答からいえば、そんな魔力がポカリにあるわけではありません、でした、、苦笑

これさえがぶ飲み!すれば!という魔法アイテムはない、と割り切って

どうぞご自身の体質に合わせて素敵なフードを発見してください。

懐かしいなと思う、真夏シーズンドリンクが、たくさんあります。ここ10年のあいだに。

たとえば「オレンジミントアイスティー」とか。

たとえば、「レモングラスとミントのお茶」とか。

たとえばタリーズの「スイカのスクイーズ」に見事にハマった年があった、とか。。

アイスティーといえど、フルーツティーとして果物が入っていたり
実際の生のハーブが入っていたりすると、すぐテンションがあがるあがる、、、、

2022年は、そんな素敵な飲料を。素敵な一皿を。

素敵な空調の空間で、なんら緊張もすることなく

ふたたび頂くことができる夏でありますよう。

足跡の記帳として。近況として。

2021今の実際のフードたち。です。<hatori’s zakkuri foodies>

Processed with MOLDIV

関連記事

  1. 4月のオレンジパウンドケーキ 羽鳥レシピVol.3【バター不…

  2. 夏の食卓ー今年も終戦記念日を迎えられたことに感謝

  3. 本年2019年 ありがとうございました

  4. とても小さな物語(my diary2019winter)

  5. 新月、直前の華

  6. 青を綺麗な色だと感じる理由。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031