近隣の街 伊丹と和菓子に出会いながら。


神戸女学院大学の最寄駅
ひそやかで緑の美しい庭たちを起点にして

あるいは近隣の駅。
そんな「羽鳥に近しいエリア」にも、ひとしく美しい秋は訪れていて
おかげさまで微熱と書いていた体調はすっかり良くなりました
安心して呼吸しています

けれど、この界隈でも コロナが大変流行しているのは事実と思っています

喉の違和感にドキドキしないためにも….
長期的に自分を大切にする為にも…

酸欠にならない程度には
マスクをお使いくださいね そしてビタミンDのブーストをどうか忘れずに
尾を引く症状が残らないためにも毎日ビタミンDを増量すべきと聞いています

9月16日は
生まれて初めて「ミュージカルソウ」という楽器をお聴きしてきました。
鳴く虫のプラネタリウムのサキタハジメ氏と山下憲治さんのDuo
「ミュージカルソウとプラタネリウム」



そちらのレポなども綴らせていただければと思います(簡単にですが)


サキタハジメ氏と 山下憲治さんのプラネタリウムコンサート。2023
伊丹へ里帰り公演でもあるそう

初めて聴かせて頂いたのですが

浮かびあがり始める星たちと
600匹にも及ぶという、鳴く虫たちの土壌があって
秋の真空のような空気感が包み始める中

サキタさんのミュージカルソウの浮遊感がピアノを伴い、静かに上ってゆきました

Colorsという曲を含み、オリジナルやラフマニノフ等を演奏なさっていました


普段から
音の「方向性」ってあると思うのですが(横へ、上へ、下へ、etc)

特に、鈴虫たちと共演しながらのボウイングによる擦刃楽器
サキタさんの演奏は 終始にこやかながら力強く

音が上へ登ってゆく感じが強かったと思っています
静けさに寄り添う 素晴らしい演奏でした。またあの空間で聴きたいなって感じる「記憶に残る」空間

客席からの空気感 お届けしておきますね

宝塚はようやく「避暑地」と呼ばれる空気感を取り戻しはじめています
(それは秋が訪れたというだけではと思いますが)


素敵な季節になりました
皆様の健康をこそ第一に祈っています
サキタさんのインスタレーションは9/23より。


日曜日は教会。
どうぞ素敵な休日をお迎えください

関連記事

  1. 快適な座席つれづれ。

  2. さくら幻想歌 サイアムパラゴン 吹き抜け

  3. 明日は「14日」で警戒日。ですから本日のうちにBLOGに追記…

  4. 石川劇場に騙されないために。

  5. 若木未生先生の新作。書店では手に取ってみようかと思います

  6. 寝起きに脳をかじられる(透明な鼻炎ではなくなる)

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930