物事の意味を深く捉えはじめると立ち止まりそうになることもあるけれど、それでも、何重にか意味を、探ったほうがいい


サンタクロースの到来も、人々に待ち遠しい季節でしょう。
私もサンタさんのイラストやオブジェは、例に漏れず、好きです。

サンタのイラストをきらいだったことなんて今までに一度もないかもしれません。


サンタさんに何かを願って
悪が食い止められるかまでは私は分からないのだけれど。


加えて今年は日本ではスノーマンが「推し」キャラクターであるのでしょうか?
よく見かけるのです。
12月のモチーフのスノウマン達。

造形が可愛らしくて心癒されるので
私も実は数個、スノーマンモチーフを買い求めました。
かわいらしいんです。

なんだか佇まいに癒される感じがするんですね。

文庫本や あるいは大きめの本だったとしても
いかにも悪そうな、性格の悪そうな目つきのイラストたちには
私はすっかり疲れていて。


目つきの鋭い絵柄、無闇に黒く塗られる造形が
とっても苦手なんですけれど。


だから「可愛いスノーマンを個人的に探す」みたいな感じがしていました。
女性的な感じのスノウマン、ちょっとふくよかめのスノウマン。たくさんいて。
街が優しくなった。という感じがする。スノウマン達のおかげで。


だけれど。


…..どこを見てもスノーマンだらけになってしまいました。
古き良きスノウマンの絵本の楽曲も、私は心に残っているから
つい最近までスノウマン贔屓そのもので

今の日本
あまりにもスノウマンだらけなんです。

昨今の傾向として「ひとつのものがめちゃくちゃ増える」って
あるのかもしれないですけれど、、、それにしても。

ですから
ふっと心が空想に遊びそうな時に
スノウマンがもし「空を飛ぼうよ」なんて
もしも誘いかけてくるのだとしたら それは


「いいえ。私は今は空を飛ばない」って


はっきり答えたほうが良いのかもしれないですね。


そして庭に
今年も蜂が出てきて「わ! 蜂が来た! どこから?!」って
今年もあったのですけれど
大ぶりの蜂で心が驚きました


蜂達の大群には恐怖しかありません


引き続き
蜂に気をつけましょう

いつからか
蜂さんマークもあまり和んで見ていられなくなったけれど


絶対安心なモチーフ。
絶対に良性な絵柄。
こどもが怯えない配色。 変なところに目玉のないもの


そういったものに私が、皆さんが、
あるいは他府県民が。


もうちょっと敏感に、過敏であってほしいと感じてやまない12月月曜。Lundi.

関連記事

  1. 季節限定公開を開始しました!【BOOTH】

  2. イルミネーションの季節に

  3. 予感に満ちた7月

  4. 2月の演奏日

  5. 2022 冬の大切な色彩

  6. 2019年は、特に痩せる必要がなかったようです

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031