食の安全を願って。食中毒には合っていないけれど

こんばんは。羽鳥です。
地震で落ち着かない2024を迎えました後

せっかく公現祭も迎えましたけれど

私自身は関西で食中毒に遭っていないわけなのですけれど
心不安になるお皿には出逢いました。2023冬の時期に。
期待を込めて迎える「食事」の安全性が担保されない、と一瞬思い込みそうな、時代に突入しかねないことは


我が家の「食は命そのもの」「命は光」の家訓から行くと、いちばん不安になる事例です


三幸製菓(みゆきせいか)のおかきの虫混入事例の画像の半端ない多さにも、大変ショックを受けました。

改めて「食の安全は守られなければならない」+

「自分の健康は自分で守らなければならない(ひとりひとりが目を凝らすべき)」


2023 冬の食中毒を振り返ります。
出典はXとyahoo newsです。LINE newsの場合もあります。

マフィンの食中毒(Twitterで騒然となりました)@コミケ 納豆のような匂いの栗マフィン
・大阪梅田「クリスマスマーケット」販売済のジンジャーブレッドに故意に?幼虫混入。
・沖縄のカフェで、ケーキの上に、なぜか大麻の葉っぱ。10代の女の子が?救急車で運び込まれる。

Twitterに詳しい皆様なら

「コミケという行ったことのないイベントで、
 大量マフィンが1000個単位で積み上げられて売られて(個別包装なし)
 納豆臭のするマフィンで、体調不良の方が複数人出たよね」とか
「クリスマスマーケットという、イエス様の誕生を祝う時期のイベントで
 輸入したスイーツの中に、販売済の製品に目立つ幼虫が入っていたこと。画像を見たら、愕然としますよね」とか

ご記憶のことと思いますが。

再掲いたします。「密封していないものは食べない」
他人から勧められても疑う
一度、開封されたものは異物の混入は疑うべき」

さらに

「輸入物でも昆虫の混入は発見例がある」
「個人宅で作られたものは消費期限や安全性を先に疑う」


特に「納豆臭」は、悪質性がとても高いと私は認識しています。

なぜなら徹夜で5日もかけて一人で個人で焼かれたものは
消費期限の徹底が極めて難しそうだからです。営業再開なさっているようですが(ネットで見る限り)

どうぞ、
食品の「匂い」と「見た目」と「清潔な包装が守られているか」「個人宅からの持ち込みではないのか」


お気を配って、自身の健康を守られてくださいね。


—- *—-

ちなみにですが。
すべての動物や、植物や、命に祝福あるべき時期
特定の動物や昆虫を苦手がるのは失礼かもしれないのですが

私、クワガタとカブトムシさんを「素手で触れない」&「捕まえたことがない」&「虫とり網がそもそもない」


小学生には大人気かもしれない
大人型のカブトムシでさえ、私は、飛んできたら走って逃げざるを得ない生き物です。

いじめる気はない。触れる気もない。捕まえたこともない。
だけれど自分に向かって羽虫が飛んできたら「ひゃっ?」と叫んで逃げ続けるのは事実です

昔から「羽虫がいる…?!!!」と涙目で家族に報告し、触れられないから逃げ回っていた訳だから。

同じく、ワニも近寄れませんし
今となってはカエルも全然育てられないと思う (道を歩いていて一瞬、声を聴くと和むだけ)

 (高校時代に「部活が」カエルをなぜだか水槽に入れていたのですけど、、、
何の目的で、何を観察する目的で、蛙を飼っていたんだろう…..???)

日本の部活動って謎が多い。

何を研究し観察するために水槽にカエルがいたのか。
当時の顧問の先生にいつか質問してみたい気持ちも時折、します

最も私は当時から「この生命の生態と謎を解き明かす!」みたいな
熱い思いを全く有していなかったから (文系の極み)

「なぜカエルだったんですか…?飼育する生き物が?」と今更つぶやくのも
筋違いかなと思ってはいます

幼虫たちの命が
故意に人間によってFoodという異分野に混ぜ込まれませんように。

触れられない私が書くことでもないのですが
2023冬から 不穏ですので明記させていただきます

関連記事

  1. 来月オンラインフェスにCDを

  2. 編曲をしています。

  3. 3月の初旬ですね

  4. 事実に基づき、いちばんあり得ない話を

  5. 4月を前に

  6. 物事の意味を深く捉えはじめると立ち止まりそうになることもある…

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031