谷川俊太郎さん、斎藤茂吉さん、それから。

2月1日。
朔日ということで、1日のお餅を買い求めました。
あっさりとしていて…. 何もしつこくなくて….

これほど「サラッと」している朔日餅を、生まれて初めて食しました。

甘さもしつこくなく

40を越えての今でも「はっとするような」清らかな風味ってあるのだな、と感心しました。

朔日餅のファンになりました。押しつけがましくないところが感動。
入手方法は「神戸阪急」(Kobe-city)まで予約・購入に行きました。

伊勢の食品を神戸で受け取れることに感謝します。

それだけを書いて
2/1 diaryとしても良いのですけれど。

私、もしかしたら、斎藤茂吉を読みはじめて痛感したのだけど
アメリカ寄りの、アメリカのステーキを愛する人すべてを
苦手なのかもしれない、ほんとうは内心では。ずっと。

偶然にも自分が アメリカ旅行に一度も行ったことがない人間だから
「先入観のない・遠い、ひろい国」という認識なのでしたが

Disenylandに一度も行ったことがないことも
今となっては「アメリカに近寄らないように」ということだったのかもしれない。

なぜ谷川俊太郎さんの名前を出したのか?

ですが

昔<ほんとうに出逢ったものに別れは来ない>
という一文章を読んだ時
随分と 胸に光が差し込むような心地がして

本当に出逢ったなら 存在を思い起こさないことは難しい。

でも、逆に
出逢っていないなら悼むことさえできない。

「ほんとうに出逢ったものに別れは来ない」

その文章に
どこかしらマリリアードさえ思い出して(津守時生先生の作品で読破しているのは「カラワンギ」と「喪神」だから(このお話は、でも、反キリストでもなんでもないですけれどね。タイトルが重い割に、神様への冒涜は何も出てこない)


このBlogを読んでくださっているひとに「ほんとうに出逢っていますか?」と
もう一度 問い直して、 2/1のdiaryを置きます

ーーー

なお、「ディープフェイク動画」という
本来の私と全く違う人物・違う口調・違う言葉の動画を目にした方がいらっしゃれば
ご遠慮なく コンタクトフォームから問い合わせ or お電話かけてくださいね。


伊勢の食品を、神戸の穏やかな食料品店街で、手にすることができてよかったです

関連記事

  1. グランドピアノ

    【info】8月27日第四金のSideBySide演奏なし

  2. 梶浦氏には

  3. 海へ 

    Nontitle 7月の水曜へ。日記に似た散文をひとつきり…

  4. メガネをかけたら「麒麟」のNさんのようなヴィジュアルになって…

  5. 海の近くへ。暑中お見舞い申し上げます II

  6. 4月22日「羽鳥あや美術館コンサート」

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829