本人にまで聴こえるから「呪い」なんですよ

「呪い」が耳に届く前のアイキャッチ写真で恐縮です。
連休なのに「呪い」に いそしむ 他家のお家に溜息をつきつつ…..。

しかも「殺意」が「自分の罪の責任を、羽鳥がひきとって」という、とんでもなさ。

そういう「罪の代理」と言われて 頷く人間っていないと思う

感情が伴わないのと 合理性も壊滅。

呪いに手を染めた人が綺麗に奏でられる理由もない

呪術師 梶浦さんに、ほんとうに生身でよく

はむかって生きているよね! と自分を褒めます。

関連記事

  1. いつか。いつか同じことで困られているかたがいらしたら

  2. つれづれに秋のはじめ

  3. 8月26日のビストロ演奏はございません

  4. 気づかなかった「小さな花」の伝言

  5. 生存日記:Monday

  6. 4月にBirthdayを迎えはしました。けれど..

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829