この時代に西日本は流行を選んで。

この時間帯に
自宅内で 妖(あやかし)系が実体化しやすい時間のようで。(4:33でしょうか)
私が「綾」であるなら怪しいとさえ言いがかりを
言っていたひとに遠い目をします。


錦織のり子氏も、京都系の、その中でも マイナスオーラ系に
すでに紐づいてしまっているようで…..残念に思います。


Nintendoの、ある時期のdesignが
庵野監督のデザインにも通じるところがあるようで(ん….?)と感じたことは
正直あったのですけれど

旧社と呼ばれる場所の、あのダークネスな玄関は
ほんとうに… ある種の人間には訪れにくい場所だと思いますよ

「人間の皆様が」過ごしにくいスポットが
どうして東の資本を基準として増えてゆくのか


東の資本の流入をどうして西側が防げないのか


関西に住まう「小鳥的」→「のどかな猫的」私からみて
ほんとうに人間の世界は不思議でなりません……。


下記写真は 姫路です。

関連記事

  1. 知性という輝き

  2. 季節の心象。スケッチ…伊丹の帰りに

  3. お料理の不思議 ひらめきの不思議

  4. 12月が始まります

  5. 4月22日「羽鳥あや美術館コンサート」

  6. ROOM-Feb.

    2月初日、新月ですね

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031