もう2年も前に。「君のお家にねずみがいるように見せかけたい」と聞こえたこと。

なんの話でしょう、と思われるでしょうが。
君のお家に ネズミが出た! なんて 思われるようにしたいと、聴こえたことがって。
それこそ荒唐無稽にすら感じた。

何の だれの 狙い? だれの計画?
当時の私は「関西の、この地域にネズミなんて出たことはない。他所はわからないけど。ここにはいない」

誓ってみたことはないよと。ご近所にだってきっといない。

そうはっきりとつぶやいてあって。
いないよ、と。住んでないよネズミ、と。自信満々に言い切っていた時期がある。


だけれど2024冬。 いえ、3/6
本当に 関西のローカルに 渋谷が、ネズミを1匹 いきなり持ち込んだのであれば


私たち関西勢は全力で、本物ネズミを 駆除しなければならない。
少ない数のうちに。



なぜならネズミを見慣れていたものたちは 渋谷に多く、と言っていたかたは
本当の怖さまで わかっているんだろうから

関連記事

  1. 新月を迎えて

  2. 定期的に帰りたくなる場所・ルーツ

  3. この6月の色彩

  4. 始動中6月。皆様に素敵なことが始まりますように

  5. 生存報告(恒例)ようやく戻り梅雨が明けて

  6. 食欲があまりない時間に….それでも「食べていたい…

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031