本当にそうであるもの、そう見せかけられているものー 宝塚が、いきなり灰色のようだった日について


この冬

特に
ねずみ色を 嫌がる心は多分 ただしい。
本物のネズミという 私が見るはずがなかったものに遭遇したら なおさら。

けれど、色味による。きっと、色味による。

見たくないようなグレイと

光に近いようなライトグレーは きっとある。

雲が 無意味にグレイがかると
私は気鬱に近くなる

いつもそう 
誰しもそう

だけれど グレイの色味に気をつけて

もし、白いはずのものが
グレーがかっていくなら

街に

ねずみ もしくは ねずみ組が増えている日。

突然 バスから見る空の色が曇っている日にゆきあたり
私は<グレイが濃い>と眉をひそめた。


まだ、光の波長を読める女性は
そう多くはないのかもしれない


アイキャッチ画像は 本文と 無関係でしょうから
どうぞ今は まだ 画像と記事は 結び付けないでくださいね。

あるいは

光を読めることを隠しているひとが
ひっそりと息づいているだけかもしれない

ねずみ色がかっていく街を 憂えるなら


本物のねずみは退治しきるべき。


リアルねずみを見てしまった日に。
人間は。空を目指すものたちは。きっと、濃い色のねずみとは絶対的に 波長がそぐわない。。


ーーーー

episode 36 (それさえミスリードなのかは、知らない

小さな声で聴こえた気がした、
こぼれ話。小さく、種明かしのように、あわく。ひっそり。時間軸もわからない。

屋根裏には ネズミが普通にいたのだそうだ
屋根裏では 友のようにさえ ネズミがいるのだそうだ

私はその話の真偽を知らない
訪れたことがないから。観たこともないから。


そして気づくのです 私、生まれて初めてのように
濃いグレイのネズミに衝撃を受けて 悪寒を感じ続けた際に

こんなにネズミって 人間にとって 悪いのか?と

屋根裏という場所に
ほんとうはいたことがないんだと

屋根裏の関連語が リアルネズミであるなら


私はリアルネズミとは  全く生きられない。 そう、わかってしまう日々


ネズミに素手で触れないでください (剥製についての知識でしたけど)
もしかしたら、何重にか、密封して処分しないといけないの…? (それは 対 ばいきん?)

私が 距離をとって いきなり遭遇したものが 多分 どぶねずみ と呼ばれるもの….?

退治したら 見ることもないと思うけど
素手で 触れないで。 たぶん蹴ったりすることさえやめたほうがいい。

ーーーーーーーーーーーーーー

SELECT.

色変えてゆけるひとは
すこしずつ、色変えてゆきましょうね

ーーーーーーーーーーーーーー


波長を変えること
もし影響を受けてしまうことはあっても  なるべく波長は選ぶこと


ほんとうは だれでも きっと 意識的に、行っているから。

関連記事

  1. 2020のレトワール

  2. 桜の絵を描きました。音で。【羽鳥BOOTH】更新

  3. こどもの日に、こどもたちの笑顔と。

  4. 雨の庭。グラナダ。蓮の花。ClaudeMonet

  5. 私が今の日本で過ごしていて、違和感そして困ったこと

  6. 日曜は本来なら聖日ですね 牡牛座女子的日曜

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031