地上に出現するものについて

綺麗すぎると落ち着かない と 言われるたび
空気ぐらい 綺麗すぎてかまわないと私は目をまるくする

自分で どぶ川と名乗ったひとの
心理状態が「定期的発作」と仮定して。

定期的に濁流に浸らないと
落ち着かないひとがいると
仮定して。。 虚言が真夜中から出回るのはそういうことだから


私だって 塵ひとつなく 物ひとつない場所は「落ち着かない……」
家具も小物も置物もゼロの場所は
私には「落ち着かない」


地上に出現するもの が 濁流であれ というひとの提案する言葉で
ツイート界が
埋め尽くされる日々を

どうして  水源に視野をセットせず  下流、濁流にわざわざ目を向けさせているのか

所持金とは関係がないと
どうか悟って

関連記事

  1. 鳴る電話になればよいですね

  2. 他人が用いるボキャブラリの荒唐無稽

  3. 「わたしの罪は三千年」というライブタイトルの人の「ぱらっと」…

  4. ひとひらの言葉の軽やかさを 3個の言葉でさえ消すように「言葉…

  5. 谷川俊太郎さん、斎藤茂吉さん、それから。

  6. BLOGの主人を「撮影していい」と思う根拠は何ですか?

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930