生存日記:Monday

緊急性のあること
至急性のあること

本当は一刻の猶予もないこと

そういったことを ストンと この順番で発信しよう! と納得する人って
少ないな……. と感じます


今この時 何を緊急通報すべきか。
混乱することが多いです 私は


昨日 日曜は 手ゆびの割れ「空気中に傷が触れている状態」
手ゆびのオレンジ色(コンドロイチンの色)
皮膚の湿疹(血管に沿って)

血管の近く、小さな「プチトマトの粒」くらいの大きさの
血色が浮き出してきている状態も確認していて

パニック映画なら叫ぶのでしょうけれど

内臓感覚の腫れ、生理のような出血(だけれども色が黒くならず真っ赤)
などもあります

生存中…. ですが
なんというか 人から防御する側 と 人を攻撃する側
それは永久の隔たりがありそうですよね。回路がね。

皮膚炎 や 手ゆびの急激な割れ (血が外気に触れた状態)  で
さあ誰かを攻撃、という精神状態は 女性の羽鳥には持ちにくいものかなって感じています

*  *  ー * ー *  *

私は 
生まれとして「西宮」 西方の宮側 に生まれて
食こそ生命の根幹 という家に生まれました

ですから「口から入る」もの すべて
ほんとうは聖別されているようなものを必要としていました


ここ2weekほどの中の 飲食店で口にしたもの
それが 複合的に 「お腹のなかで」保温されるわけだから


それで。原因と結果で 日曜のように
自分の親指の手傷(傷口)から、そっと、ふわっと糸が吐かれるような小さな虫が 

糸を吐く 小さな虫が 親指の傷から ポンっっと出てきたり(!)

(保温されてしまったのでしょうね。多分、私の「器」で)

つくづく

生命の、というより、身体の内部へつながるものが恐ろしくなりました。
内臓へ繋がるところ? に 入る「自分以外のもの」によって

私の器が変質するよう、仕組まれていたようです

異物混入。が、飲食での経験と(胃腸へ?)
他者昆虫好きからの 別方向からの混入 で

気づいたら
日曜はちょっと壮絶な皮膚炎でした

*  *  *

怖かった言葉

「大地っぽい、土っぽいものが好きです」
「苔玉も本当はダメ」
「苔玉アート、モスも人体を囲むようなものではない」

天上を目指したい性格が
残っている女の子なら 反対側の「土」が それは詩的に素朴。地に足がつく。という意味ではなく

もっとダイレクトに「土は近しくならないほうが」というのは
ありますね

宝塚の街の
地面に 私は わりと 異物を見つけます

皆様は 補強視力で2.0などで 見えていらしたりはしませんか。

地面にお気をつけてくださいね

”踏まないように” (昔、誰かに言われたな。踏まないように)



関連記事

  1. 私が人生で出会った、人らしくない人物たち(?)

  2. 噂というものを信じないでいられる人たち

  3. 風説の流布のすさまじさをどう消去するか

  4. 京都の日仏会館で授業を受けていた折

  5. お月見または星見の月

  6. 公現祭の日付24時になる頃

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031