「わたしの罪は三千年」というライブタイトルの人の「ぱらっと」の罪深さ


火曜を迎えています
月曜は「うっかりと、空間転送で」わたしの白目に
パラっと、をした人がいたらしく 至急 眼科医のお世話になりました

我が家に「もともとなかった」「いなかった」小さな昆虫が
窓際のカーネーションに巣食った頃から

他人の家、他人の空間へ、 家の中央部分などに

害虫 もしくは 人体への危険物を空間転送できる人物はいる という 皮肉な世の中です

「パラっとせぇ!」の命令形の人物が
チキンジョージ以降 挨拶すら交わしていない状態で
よくまぁ 白目を狙ってこれるなぁ….. と 遠い目をしていますが

の女性が無事という保証など何もない、この世の危うさ。
男性なら無事? となると、 ショップ店員の手のひらには「血色の粒」はすでにわたし、見かけています。

食物からの摂取だけでも
十分に恐ろしいことですのに

4月 満月期、 わたしが就寝中に経口が無理に? 開いた際
ついでに昆虫の混入を、とKoko氏から聴こえている以上

人類にとって「ついでに昆虫の混入を」が どれほど 嫌なことか

BLOG読者も 有識者も 医師も 商店街の方々も 知っていてくだされば、と思います

関連記事

  1. 海の近くへ。暑中お見舞い申し上げます II

  2. 美しい言葉は 憲法 そして

  3. 良識ある人々に。

  4. この秋のかけら

  5. 羽鳥あや、という、このささやかな名前に

  6. 謹賀新年 どうぞ本年もよろしくお願いいたします

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031