積む秋冬になりますように

山猫日記の続きのようです。。
ややアンダーグラウンド日記なので、
暗い系が、お苦手な方は当記事はスルーしてくださいませ(願)

2018年の終盤を経て
凍える冬を経て
それからの2019年にも、ごく短期間のうちにも、変化が多かったあいだに
荒波どんぶらこ+小舟一艘シチュエーション+夜+船が壊れた+雷雨のような時期もありまして(←え、それはモアナ…?!)

結果的に、
羽鳥は秋から、すこしPTSD的なものと、生きています。

ごく分かりやすい例で行くと
ヘッドフォンに対する、耐性が、極端に落ちています。
インナーフォンだけではなくて
オープン型のヘッドフォンでも、まだ10分ぐらいしか使用できない。最初は5秒も無理だった。

そして爆音に対する耐性が消えています。
一回、生まれたての耳に戻った感覚というか(苦笑)
アコースティック20年間の、原点に、強制的に戻されているような感覚というか。

ライブハウスでは、
「耳栓」を活用して自分の耳を守らないといけない状況であります。

そのPTSD的なものを、”染めかえる”ための歳月を
過ごしてきている感覚が、率直な、ところです。

不思議と、生徒たちと接しているときは、
あらゆる「揺り返し」が綺麗さっぱり治ってしまっていて
ほんとうに、幼子の波長というのは、無敵に無垢なんだなー、と感心したりしています。

ピアノ生徒に心からの笑顔を向けられるまで回復したこと、が、今秋の最大のメリットかしら。。

「こんな音も楽しいね!」と、
一瞬はちゃめちゃな音色で、動物の鳴き声を模して、メロディを歌って
無口なこどもの笑顔を引き出したりするのも、幸です(笑)

この秋に。

目には見えないものばかりですが
剥がれ落ちる、かさぶたのような。

めまいが薄れるような。

繰り返しを、どうにか遠ざけきったような。

もう大丈夫になってきているなあ、という感覚も確かにあるのだけれど。

もともと<セロトニン不足>は、分かっていた事柄でも、ありましたし。
来るところまで来たな、という、妙に、腑に落ちてしまっている感覚もあって。

私も今年の後半は
再生しきっていない、どこかを、治すために。

治療するために
山歩きをしている、1匹の山猫のようなところがあります。

自分に、向き合わざるを得ない時期に突入した感です。

なんのために音を出すのか。

なんの音を選んで生まれてきたのか。

どう響かせるから、「この音が好きだからこそ、お客様に差し出す」という
嘘のなさを、守り続けられるのか。

ほんとうに好む音だけで
生きる、期間を、ある程度以上は確保しなければ

その次の「お客様が望む音を生きる」という次元まで、まだ復活できないという、ぶれない確信があって。

幸いにしてだいぶ
「ひとしずく」が満ちて来ているし

鍵盤を生身で弾く、演奏表現だけなら
そこまで、ややこしいお話に、全然ならないのですけれど。
(わたしの「本能」の速度に応えてくれるのは、ダントツ「ピアノ」なので)

ほんとうに、
まわりくどい、外からは回路の見えづらい、
ほとんど迷路にしか見えないかもしれないけれど

<望まれる音>の前に

私の好きな、音を、食べてゆきます。

そうして一歩ずつ、
音楽の偉大な先輩たちの誰もが、ひとしれず越えてきた「いちばん面倒な部分」を、
ひとつずつ解決してゆけたらと願ってやみません。

問うことも、恥ずかしがらずにゆきたいものです。。ほんとうに。

山猫のひとりごと日記です。
そのうち「山猫日記」とかいうカテゴリを新たに作るかもしれませんね(笑)

ふっと閃くのは
今年、山に行って、はじめて疑問に思ったものですが
石を積む、という言葉は、、、もしかしてアイルランドの「石積み」と、なにか関連があるのでしょうか?

羽鳥でした

関連記事

  1. 水曜日の幻想ー鉱石と水

  2. YesでもNoでも答えられない問いのことー桜

  3. 濃紺の夜空に、銀色の星を信じて。

  4. 満月の日曜

  5. New tone, (Pieces of the P…

  6. 明けてゆく冬

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930