春空ひとあし、早く

先日
青い空を連れてきてくれるCDを買っていて
つい青空と風を感じて

ちょうど屋外
頭上高く、一羽あらわれた鳥は
もちろん種類も知らないのだけれど

なかなかの小気味良い速さ
いたずらな子供か? という勢いで、くるっと一回転して

挨拶にしても、気ぜわしすぎる無邪気さで飛んでゆきました

推論ですが
飛べることがただ嬉しいのかもしれない

鳥に感じたものは 羨ましさではなく
わたし人間に生まれて よかったのかもしれません

佇む時に さびしさではなく
背中に重くない羽根を思い出せるような瞬間に

わたしなら
この瞬間を
幸せと呼んで、なんらあやまちではないぞと 

春めいて
今日はほんとうに良い青空でしたね◎

関連記事

  1. 蟹座の世界と、殻と水(わたしが考えるための散文)

  2. ♫12月ライブ♫インフォメーション【再掲】

  3. 「3連休」を前にして。

  4. 梅雨入りと再起動の方法

  5. 記憶の味ーエピソードのある味〜ポークチャップ

  6. 夏の食卓ー今年も終戦記念日を迎えられたことに感謝

2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728