1月が無事に終えられることに感謝を感じました

上記TOP画像は「憧れのお菓子」です、念のため。

気どらないパウンドケーキを焼くということが
私にとっては「すぐ形に整うこと」&「数日は楽しめること」&「何も迷わない事」&「バターを入れずに焼くこともできる」etc

いろいろな理由で「私にとっての落ち着きの行程」です

市販のパウンドを選ぼうとするより
味にバリエーションをつけやすい

Coffee Choco Marble CAKE

(パウンドケーキって、ココア、コーヒー、オレンジ、アールグレイ。
 なんというか割と無限にテイストが「定番」になっていますよね)

1月を終える時たしかに「無事に終えられたこと、ありがとうございます」という感情があって

Diaryに残しておこうと思いました、
よしパウンドを1月の締めに焼いたな、と足跡を残したいと思います

羽鳥はパウンドケーキを不定期でも、絶対に焼くようにしないと、
別人の人生になってしまう不安というか動揺のようなものを感じるから(伝わるか分かりませんけれど)
とにかくケーキは焼く人生を確保できていれば ひとまずの正解

2月になれば「LETOILE」の季節が
今年もやってくるという感情も時折ふっと心に差し込むため

Informationを1月より増やせるのではないかしら?と
そんな希望も心の中に持つ月末でした。羽鳥にとっての2月は【レトワール月間】なのですね

皆様の2月が実り多き1ヶ月でありますよう

蛇足ですが
羽鳥は基礎体温が低い人になっていて驚愕しました
(35.6とか35.2って数字、、「嘘やん」って大きな声で呟きました日々。ちなみに35.1も見たことがあります)

こまかに手帳に体温を書き込んでいます。1日2回。
それも安心のひとつになるかもしれないからと
振り返ったら自分なりのリズムが分かりそうな気がして

相変わらずの低体温だったり お風呂上がりでさえ低体温で驚愕したけれども

(人間って入浴後は体温が高いはずって、、、整体の先生から聴いたんです、、、にも関わらず、すぐ35度台なんですよね)
(せっかくの食料をエネルギー変換できているのか疑問?)

案外慣れてしまうと、
もう測らないと(書き込まないと?)落ち着かない感覚ですので
よかったらぜひ習慣にしてみてくださいね (慣れるまで忘れたりするのであります。あっ!!って)

関連記事

  1. パエリア風

    秋分の日が近づいて

  2. 今年もありがとうございました

  3. 林檎のシーズンを12月にひかえて

  4. 4月のミニパンケーキ….羽鳥レシピVol.2

  5. 4月の炊き込みピラフ(洋風)羽鳥レシピvol.1

  6. 5月は花の季節だから

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031