夜桜の景色

皆様、こんばんは。

桜が終わる頃には、毎年、花壇がにぎやかになってきます

桜に遠慮していたのかなと思う小さな花たちが何種類も

あとから花壇に登場します。

去年までのわたしでしたら

そうやって花壇に登場した白い小花やチューリップ、ムスカリ、水仙など

たくさんの「桜ほどは目立たない花たち」に目を細めていたかと思います。

今年2021は

ライトアップされていない夜桜が心に焼きつくような

いえ、もっと、ほんのりと、絵本や絵画の世界に入り込んだように

イルミネーションとは無縁の夜桜が

いちばん心に染みた春です

年々に「こんな光景を見たかった…!」と感動する風景は

毎年違うわたしなのですが

電球で照らすような枝垂れの桜でなくとも

不意に心へ飛び込んでくる瞬間があって。夜桜の守る道路というか。

絵と、現実の、境界線が曖昧な景色を目にしました。とても静かな絵画のような。

ただ浮かび上がる夜桜は

東山魁夷さんの絵が、案外に、幻想とも限らないのだなと

確認させてくれるような現実の「絵」でした。

皆様は、桜たちの季節と、葉のひかる季節を

いかがお過ごしでしょうか。ピクニックがむずかしくとも、清々しい景色もありましたでしょうか

シロツメクサや芝生は今年も変わりませんね

新緑の季節へ向けて、小休止。

このBlogの四月。更新頻度が少しゆったりめで来ております。新緑へ向けて、ゆっくり葉先が伸びてゆければと思います

雲のような夜桜の景色を

まだ遠くない過去に

目に焼き付けながら。ここから5月を臨む羽鳥でした。

ちなみに下記は、こういうシンプルな飾り方に憧れてしまう

花の取り合わせでした。。5月のわたしにトライしたら?と言いたい。です

関連記事

  1. 6月、夏至という時期に(今月の食べたもの)

  2. 少しの写真を手掛かりに(2)異国のショップの今

  3. 5月は緑の季節

    イースターを通りすぎて

  4. Piano&Clarinet

    4月14日ライブ後日譚ー生演奏された「オリジナル楽曲」を含め…

  5. 素敵な空に理由はなくても

  6. 4月14日神戸LIVE:ありがとうございました!! Smil…

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930