事実に基づき、いちばんあり得ない話を

お会いしたことのない人の話をします。
そんな書き出し方をしたら 「会っていないのに何を語れるの?」という
お話ですね

では、正確に言葉を選べば
「ステージで見かけても、楽屋で話したことのない人の話をします」

グレイの空に鹿が佇むイラストの
<フィンブルの冬>というコンサートに私は足を運んだことがあります。2022かな。

タイトルだけでも怖いと思っていたのは事実です。
けれど、そうですね、どこかから「フィンブルへ行け」と、淡く聴こえたような聴こえていないような。
必要以上にtitleを恐れずに……皆様へ向けてのイベントのはずなんだから、、と自分に言い聞かせながら、
聴きに行きました。


その<フィンブルの冬>のメンバーの中には
確かにメンバーに、目立たず、bass:Hogari氏がいました。でも、それだけです。

ステージに居るな。いらっしゃるな。それだけです。
私は歌姫を聴きに行っていたのだから。
目立つのは、主旋律は、歌姫だから。

開演前にも、もちろん、すれ違ってすらおらず。
演奏後も会場で会うことも会釈もなく。会話もなく。楽屋もどこにあるか分からず。
グッズ販売時間にも、もちろん姿見かけることもない。

そういう、「関係性の生じ得ない」もしくは「関係性の希薄すぎる」Bassの人に

羽鳥が、ひもづくことはありません。
Googleを見れば、羽鳥が、Hogari氏から一度とて言葉を一文章も受け取っていないこと
よくわかるでしょう。

電話の履歴を見れば、本当の羽鳥とHogari氏が通話したことが一度もないことは
分かるでしょう。

だから「出会っていない二人」について
Blogを残しておきます。

出会っていない。私とHogari氏は、出会ってさえいない。だけれど、
rionosちゃんがツイートでかつて語っていたHogari氏の印象だけで。

ツイートの「mixの攻防、ミッションインポッシブル」というその印象だけで。

なんとなく、音楽のmixが上手で、憎めない人なのかな?と思い込んでいたことだけ、
明記しておきます。

私が昼の人間だから
フィンブルの冬の舞台上を見た瞬間に「夜の、、、世界の住人の人? バレエのような?」と思ったことだけ

心からこぼれる本音を書き残しておきます。

関連記事

  1. 残暑お見舞い申し上げます.

  2. 決して仲良くなどないのに「X」で衝撃を受けた件

  3. この秋に。This Autumn,

  4. 第四金曜のビストロ演奏が4月はございます

  5. 明けましておめでとうございます

  6. つれづれに秋のはじめ

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031