宝塚市内の暮らし もちろん母と

昔、宝塚Station ソリオにも
”アフタヌーンティールーム”と”収穫祭”レストランがあって
よく のんびりと母と娘でお茶をしていたものです

私は 騒ぎも悲鳴もない 騒動も何ひとつない
宝塚のバス停で降りる基本なのですけれど

もう五ヶ月ぐらい、

降車時って

3人ぐらいのサラリーマン男性と
同じ降車駅なのかな、お疲れさまですっていう
つくづく住民との交流も少ないですね

宝塚は落ち着いた街
私の苦手な「ロングネイルの人」や「香水の匂いのする人」と行き合わないし
長い爪って「どうしてそんなに自分で伸ばせそうにない長さを付加するの…?」って

香水+ロングネイルとヒールの靴の人が
人種的に一番 羽鳥に合わないため

精神的な圧迫感を覚えます

香水の女性が少ない街で暮らせて嬉しいな、と思います
心の底から思います

コンビニで ヒールの女性3人連れと すれ違っただけで
5メートルぐらい距離を取らないと息苦しいのですよね

本能的な忌避感ですけれど

なぜかなって
思います

三宮市内に住んでいた経験のない羽鳥に
今後 捏造履歴でも出てくるのかもしれませんが

香水もタバコもロングネイルも ダメなものはダメです
煙草は吸われますか? いいえ。 が あまりにナチュラルで

煙草を吸える人ってまだいるんだ。

むしろ日本文化の何に 刺さりそうなロングネイルが貢献しているのか 教えて欲しいです

関連記事

  1. 春への曲。冬の曲。すこし騒々しい現在。

  2. Halloween当日(収穫感謝的な秋)

  3. 京都の日仏会館で授業を受けていた折

  4. 清らかでありますよう

  5. Day :1 Lady’s day (睡眠過多)…

  6. 優しさがすべて。という個人価値観

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930