欠けた月の満ちる頃

リフレイン
の  つなぎ   と  こたえ  と  静寂と。

満月の頃には

歓びも   悲しみも
すべての感情が増幅されやすい と言われています

そんな言い伝えを
ふだん気にかけず暮らしていても

イメージ力の 強い人間にとっては

たとえば誰かの物語を 追うと

胸に挿し込む痛みに  駅の階段で立ち止まることがある。
その痛みの原因を明確に掴む前に

これは一種のストッパーでもある、と、気付いている。

わたしが積み重ねた記憶は

宝 で 枷 で
ところどころは混沌で消えていて

受容してきた記憶と
断絶して途切れたはずの  景色

だれかの 悔いと

遠く 交換してきた 幾つもの色彩と

かすかに
問いと 会話と 雨と  切り取られた場所で降り続くもの、痛み、

芯と  人影を     波音にさらう。

(お客様に背を向けて弾くことで)
(客席を水没させてはいけない、気をつけるように、と)

(親友から教えてもらったのは10年ほども前だったでしょうか?)

おかげさまで 音で ちいさな空間を溢れさせ決壊させることはすっかり、なくなった。

適度な水 と 適度な炎

適度な涙 と 適度な笑み

生きるのに最適なバランス。生きるために心地よい風の強さ。

『バランス』という課題は
いつも いつでも わたしにとって手探りで

あっという間の、全力の、10年。

降る 柔らかい日差しの中で

気づけば

背中に
いくつかのお守りを いただいている。

もう 深海に沈むことを終えたいな、 と
うかぶ、浮力に気づく頃

秋の季節
知らない子供たち

綺麗に晴れた空ばかり  あつめて

だれかの声を いったん、すべて、空白にあずけて。

未だに
わたしは魔法を扱う修練の、途中

関連記事

  1. 明けてゆく冬

  2. 12月 Nature

  3. 積む秋冬になりますように

  4. 海へ 

    Nontitle 7月の水曜へ。日記に似た散文をひとつきり…

  5. 自然の中にすべてはあるーそして作曲するわたしは色に溶ける

  6. 見えない星をみぬくように

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930