White-Blue

 

一面の白 と 鮮やかな青

これほど鮮やかな青色を見つけたことは

なかったかもしれない 今秋。

 

 

静かな喜びを胸のなかに灯す。

迷いをはらうのに最適な色、

ここで光っていると息づいているもの。

 

仰ぐ、その青を保つために

 

目に入れないほうがいい、言葉もある

耳にするべきではない、言葉もある

誰かに口にすべきでない言葉もまた、たくさんあるはず。

 

 

拾いあつめてゆくのは 「美しい色」

 

 

自然のなか息づいている、幾つもの青

一瞬で水紅に乱反射する、グラス

変幻する自然の光が橙にも染まって

 

いつまでも虹色に一瞬ごとに変わる煌めきを

澄ませて、抽出して、「音」に、変える。

 

届けたいものは世界から、日常から、奇跡から「掬う」

 

音とひかり。

 

あらゆる音楽を

すくいとる手に、染ませてゆく、こころのなかのみずに

 

空を仰ぐ瞳に、優しさと強さを持っておくことが、今の願い。ーーーまっすぐに。

 

関連記事

  1. ひとしずく、ひとしずくずつ。

  2. 海へ 

    Nontitle 7月の水曜へ。日記に似た散文をひとつきり…

  3. 愛情の温度…..身近から。ふたたび

  4. 見えない星をみぬくように

  5. 満月の日曜

  6. 自然の中にすべてはあるーそして作曲するわたしは色に溶ける

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930